ドル円日足:スパンオートシグナルによるトレンド判断 | マーフィーの徒然日記
新型コロナウイルスに関する情報について

マーフィーの徒然日記

自分の専門分野であるFXや株式、商品市場のことだけでなく、日々感じたことや思ったことを勝手気ままに綴ります。

昨日のレポートの続きです。

 

 

添付チャートは、ドル円日足スパンモデルスペシャルをスパンオートシグナル(https://www.xfine.info/sauto/ ) で表示したチャートです。

 

 

尚、チャートは、スーパーボリンジャー、スパンモデルの全てのラインを表示した、フルバージョンのスパンモデルスペシャルです。

 

 

以下、2つの四角枠(AとB)の動きに注目して、幾つかの注目すべきポイントについて簡単に解説します。

 

 

<四角枠A>

 

遅行スパン、特に、先行する遅行スパン(パラメーターが21、濃い紫色ライン)の位置に注目してください。

 

 

この21遅行スパンは、高値を付けたローソク足を通過してきています。

 

 

そして、ローソク足は下落方向に向かう場面です。

 

 

つまり、メインシナリオは、依然として、遅行スパンがローソク足に沿う格好で、反落していく展開です。要するに、ドル円相場が反落に向かう展開がメインシナリオとなります。

 

 

一方、遅行スパンがローソク足を上方にブレイクしていくと、遅行スパンの陽転ということになり、ドル円相場の上昇の流れがさらに続くことになります。

 

 

これが、リスクシナリオとなります。

 

 

と言うわけで、ドル反落か、それとも続騰か、引き続き、きわどい場面にあります。

 

 

 

<四角枠B>

 

青色四角が発生しています。

 

 

これは、スパンモデルシグナルの「買いシグナル」です。

 

 

そして、判断の際には、終値の位置が決めてとなります。

 

 

今回、依然として、終値が+2σラインと+1σラインの間に位置していることから、「逆行パターンの売りサイン」が点灯中となっています。

 

 

すなわち、ドル反落の展開を示唆しています。

 

 

「買いシグナル」なのに、売りのサインである点に注意が必要です。(だから「逆行パターン」ということになります。)

 

 

尚、この青色四角枠は、ローソク足5本分で完成します。

 

 

5本、つまり、日足なので、5日となりますが、この期間が「猶予期間」となります。

 

 

そして、この「猶予期間中」に幾らが高値となるかどうかは、今後の展開次第です。

 

 

 

★★より詳しい解説等は、
マーフィーの実践トレードコーチング
を参考にされてください。

 

 

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

 

 

★★マーフィー流FX
「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。
こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/