ドル円日足:レジスタンスをブレイクするかどうか注視したい場面。 | マーフィーの徒然日記

マーフィーの徒然日記

自分の専門分野であるFXや株式、商品市場のことだけでなく、日々感じたことや思ったことを勝手気ままに綴ります。

添付チャートは、ドル円日足スパンモデルスペシャルをスパンオートシグナル(https://www.xfine.info/sauto/ ) で表示したチャートです。

 

 

<スーパーボリンジャー>


目先、+2σラインと+1σラインの間をコアとするレンジ相場と判断できます。

 

今後、


(1)遅行スパンが陽転し続け、


(2)終値が+1σラインの上方を推移し続け、


(3)バンド幅が拡大傾向に変化し、


(4)終値が+2σラインの上方で引ける場合は特に、


本格上昇トレンド入りする可能性が高まります。

 

 

一方、終値が+1σラインの下方で引けると、レンジ相場入りがより確実になると判断できます。

 

 

尚、チャート内上向きの青色矢印は、遅行スパンアタッカーの買いシグナルです。判断方法は、買いシグナル点灯時に終値が+2σラインの下方に位置していることで、一旦は売りという判断となります。

 

 

<スパンモデル>


引き続き、買いシグナルの逆行パターンの売りサインが点灯していますが、逆行パターンの売りサイン点灯時の最終ターゲットである-2σラインに到達した後、あらためて、買いシグナル点灯時の猶予期間中に付けた高値まで戻している格好です。

 

 

したがって、トレード戦略としては、終値がレジスタンスである、同高値を終値ベースでブレイクするまでは、一旦は売りとなります。

 

 

 

★★より詳しい解説等は、
マーフィーの実践トレードコーチング
を参考にされてください。

 

 

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

 

 

★★マーフィー流FX
「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。
こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/