ドル円4時間足分析:スパンモデルスペシャルでの判断 | マーフィーの徒然日記

マーフィーの徒然日記

自分の専門分野であるFXや株式、商品市場のことだけでなく、日々感じたことや思ったことを勝手気ままに綴ります。

 

添付チャートは、ドル円の4時間足スパンモデルスペシャルです。

 

 

ちなみに、4時間足は、1時間足に比べて、よりゆったりとしたトレードスタイルに向いています。すなわち、ゆったりデイトレードの売買判断やデイトレードの際の大局観の把握に便利です。

 

 

さて、チャートをご覧の通り、現在、緩やかな上昇トレンドと判断できます。

 

 

判断理由は、


1)遅行スパンが陽転していること、


2)終値がセンターラインの上方を推移していること、


等々です。

 

 

また、スパンモデルとして見ると、赤色スパン陽転の順行パターンの買いサイン点灯中であり、また、スパンモデル買いシグナルの順行パターンの買いサイン点灯中です。

 

 

また、赤色スパン陽転時の猶予期間中の高値が現在はサポートとなっています。

 

 

当初は上値抵抗のレジスタンスであったのが、今は、下値のサポートラインとなっている格好です。

 

 

尚、このサポートラインは、チャート内で横棒で表示しています。

 

 

終値が、同ラインを下方にブレイクする場合、逆行パターンの売りサインが再点灯しますが、それまでは、順行パターンの買いサイン点灯継続となります。

 

 

 

★★より詳しい解説等は、
マーフィーの実践トレードコーチング
を参考にされてください。

 

 

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

 

 

★★マーフィー流FX
「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。
こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/