添付チャートは、ドル円の4時間足スーパーボリンジャーです。

 

 

ご覧の通り、現在、本格上昇トレンドの中にあります。

 

 

理由は、
1)遅行スパンが陽転していること、
2)終値が+1σラインの上方を推移していること、
3)バンド幅が拡大傾向にあること、
等々です。

 

 

尚、相場が上方に放れる初動として、終値が+2σラインの上方で引けたことも注目点です。

 

 

そして、今後注意すべきポイントは、終値と+1σラインとの位置関係です。

 

 

すなわち、今後、終値が+1σラインの上方を推移するかぎり、本格上昇トレンド継続となる一方で、同ラインの下方で引けると、調整の反落局面入りする可能性が高まります。

 

 

加えて、-3σラインの向きにも注目です。

 

 

つまり、-3σラインの向きが、次第にフラット化し、その後、上向きに変化してくると、上昇トレンドの勢いが減退することを示唆する点です。

 

 

ちなみに、4時間足スパンモデルにて、売りシグナル点灯、および、赤色スパン陰転時の猶予期間中に付けた安値である106.60円近辺のラインを再度上方にブレイクしていることから、逆行パターンの買いサインが再点灯している点には注意しておきたい場面です。

 

 

 

★★より詳しい解説等は、
マーフィーの実践トレードコーチング
を参考にされてください。

 

 

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

 

 

★★マーフィー流FX
「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。
こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/