Hさんとのその後

Hさんからは、5月25日に以下のメールが来て、振られました。何か1回しか会えなかったのが残念です。

--------------------------------------------------------------------------


Murphyさん、メールをいくつも頂いていたんですね。どうもありがとう。お勉強の本とか、さすが詳しいですね。参考にしてみますね。

Murphyさんは、お会いしてとても印象の良い方だとおもいました。お優しいし、穏やかだし。。。
でも、やはり年下で結婚歴のないMurphyさんに、わたしは引け目を感じてしまいました。自分には、その2重苦を相手に感じながらおつきあいはできないのかもしれません。自分よりも年上、ないしは結婚歴のある人が対等におつきあいできるように感じています。

Murphyさんに、素敵な方がすぐに見つかるようにお祈り申し上げます。
本当にごめんなさい。   
 

AD

ヒルズ黙示録

テーマ:
大鹿 靖明
ヒルズ黙示録―検証・ライブドア

結構良かった本。今となってはちょっと前の話だけど、ライブドアの一連の話をまとめた本だが、よくまとまっていて分かりやすかった。


ニッポン放送に関連して、鹿内ファミリーの影響力を弱めるためにフジテレビの増資を考えたが、親会社を先に上場させるべくニッポン放送を上場させた話から始まっている。

その後、村上ファンドによる買占め。

ライブドアによるニッポン放送株式取得の話。


楽天のTBS株式取得。


ライブドア強制捜査から堀江社長逮捕まで。


また、落ち着いて読んでみたい本である。去年からの一連の話を復習する上ではいい参考書だと思います。

AD

ぐるなび―「No.1サイト」への道

テーマ:

gurunabi

滝 久雄
ぐるなび―「No.1サイト」への道

最近、ベンチャー企業の社長が書いた苦労本が好きだし、日経新聞から出版された本だから、面白いかと思って買ったが、今一だったなあ。


いまいち、ベンチャー企業の苦労が具体的に伝わってこなかった。

牛角の社長が書いた『想い』とかに比べると劣ってたかなあ。それとも、個人的にこういう本に飽きてきたのかもしれない。



AD

国家の品格

テーマ:
藤原 正彦
国家の品格

何かこの本ベストセラーみたいで、事務所の上司から、

『国家の品格、読んだ?』って、聞かれて

『いえ。』と答えたのが、悔しくて、

帰りに渋谷のブックファーストで衝動買いした。


まだ、「はじめに」しか読んでないが、世のビジネスマンはこういう本を読むべきなのかなと疑問を感じたりする。

35歳になった。

35歳になった。と言っても、Murphyではない。

そう、Hさんです。昨日、35歳になったらしい。

で、

『せっかくの誕生日だから日曜日の昼に会いましょう』

と話していたら、金曜日の夜中にメールが来て、

『仕事が入ったからダメになったの、ごめんなさい。』

だってさ。

で、夜は母の日と自分の誕生日を家族でお祝いするとかで。


全く会えませんでした。仕方ないと思いつつ、

『こういうタイミングの悪さって、縁が遠くなっていくきっかけだよなあ。』

とネガティブになったりする。


まあ、なるようになるさ。

最近、この曲気に入ってます。

AIの「Story」。Murphyの結婚式では是非、掛けてもらいたいなあ。

AI, 2SOUL for 2SOUL MUSIC INC.
Story

メールなしの携帯

先日デートしたHさんから返信がないので、先週の水曜に電話したら応答なしであった。

でも、木曜朝に電話が掛かってきた。

H「昨日はごめんなさい。試合中で出られなくて。終わったら12時くらいだったから電話できなかったの。」

M「あ~、また会ってもらいたくて、電話したんだけど。」

H「メール返信しなくてごめんなさい。良いですよ。日曜は微妙だけど。また電話しますね。」


hatano


てな感じだったんだけど、電話は掛かってきていない。というか、Hさんは携帯でメールの契約をしていないという。Auではそういうサービスがあると聞いていたが。なので、あまり電話しないMurphyにとってはちと悩ましいが、Hさん曰く『電話の方が相手の声を聴けて、良いでしょ。メールって味気ないでしょう。』とのコメント。


そうですね。明日辺り私から電話しますわ。


Hさんは実はバツイチで1つ年上で、Murphyにとっては未知の世界である。そもそも、年上の方とお付き合いしたことありませんし、まして結婚された方とお付き合いしたこともありません。でも、見た目は若いし、感じは若いから、今はあまり視野を狭めずに行こうかなと思ってます。


でも、悩みは彼女の結婚生活については触れない方が良いのかという事。まあ、いずれは触れざるを得ないんでしょうけどね。


何か真面目にお付き合いしないといけない方のような緊張感も感じているMurphyです。