アルファロメオGTVの各所修理(第三話) | TOOLBOXの作業部屋

TOOLBOXの作業部屋

TOOLBOXで行ったイロイロな車の作業ブログです。

こんにちは!TOOLBOXの室本です。

 

みなさんの評価が頼りです!下のボタンをポチッとお願いします♪


にほんブログ村 車ブログへにほんブログ村

車整備・修理ランキング 人気ブログランキングへ

 

2019年6月29日

車種:アルファロメオGTV
型式:E-916C1
年式:平成9年式
作業依頼内容:各所修理

 

前回の続きです。

 

今回はタイミングベルト周りの作業です!

 

前回までの作業ですでにエンジンが降りています👍

V6DOHCなので助かります😁

 

カバーを開けるとまぁまぁのオイル漏れ跡が😅

 

カムシャフト下辺りにもオイルにじみが💧

カムシャフトオイルシールは交換しておいた方が良さそうですね。

 

タイミングベルトテンショナー。

コチラもお客さんの持ち込み品で交換です!

 

タイミングベルトの張りを調整している重要な部品。

劣化してくれば交換する必要がありますが、必ずしもタイミングベルトと同時に悪くなる部品ではありません。

 

たまに「タイミングベルトだけ交換してあれば大丈夫ですよね?」と言われますが…

 

タイミングベルト”は”大丈夫としか言えませんよね🤣

 

当然ながらタイミングベルト切れを予防して交換する訳ですからソレも間違いでは無いですが、テンショナーが壊れると最悪の場合タイミングベルトが外れてしまうので

 

タイミングベルトが切れてしまうのと変わりはありません

 

テンショナーが壊れるタイミングは正確には把握できません

 

ですので定期的にタイミングベルトを取り外し、テンショナーに異常が無いかを確認されれば左程問題はありませんが…

 

その都度タイミングベルト脱着工賃が必要になります😅

 

そもそもタイミングベルトも”切れたから”交換する訳では無く”予防整備”として交換するものですからね。

部品代より高い工賃を都度支払うより、「運命共同体」として同時交換しておいた方が無難で安心です😊

 

カバーを取り外した状態。

V6DOHCは水平対向エンジン並みにベルトの取り回しが複雑💧

 

でもメカっぽさがかっこいいんですよね😁

 

タイミングベルトを取り外すとこの様な細かいヒビが😅

やっぱり交換しておいて良かった!と思える瞬間です。

 

タイミングベルトを取り外したエンジン。

ココからは各所オイル漏れの修理です!

 

タイミングベルトの様なゴム製品は基本的にオイルに弱いんです。

せっかく交換したタイミングベルトを保護するためにもしっかり修理しておきたいですね😆

 

このエンジンの場合、カムシャフトの固定にタペットカバーを開ける必要があります。

その他の方法もありそうな気はしましたが…ココもオイル漏れしていますから一緒に修理した方が良いでしょうね😅

 

タペットカバーを開けると内部の様子が見えます!

 

…それほど酷くはありませんが、前オーナーのオイル交換経歴はあまり良いとは言えなさそうですね😅

まぁよくある感じですw

 

リア側バンクを開けるにはサージタンクを取り外す必要があります。

欧州車特有なホースバンドを取り外し、

 

マニホールドを取り外すとリアバンク側のタペットカバーを取り外せます!

 

カムシャフトの固定にはこの様な専用工具を使用します。

専用品なので他車種には使えないんですけど😭

 

この様にカムシャフトを固定。

 

インテーク・エキゾーストで別形状のモノを使用します。

なぜこんな面倒な取り付けを?と思えてしまいますが…答えは後ほどw

 

 

カムスプロケットのボルトは全て取り外せましたが…スプロケットが固くて外れません💧

 

万策尽きたのでちょっとビビりながらプーラーで引き抜きます。

スプロケットが割れない様慎重に…

 

なんとか無事に取り外せました😁

外してみて固い理由が判明!

 

なんと!テーパーで止まっていたんですね。

 

食い込んでいる訳です😅

 

しかもキー溝はあるのにキーは入っていません?

アレ?入れ忘れかな?

 

全てのカムシャフトにキー溝らしき加工はされていますが、キーは入っていませんでした😅

相手のスプロケットにも溝はありませんでしたからコレが標準使用の様です。

という事は…

 

カムシャフトとスプロケットの位置決めは自力でするしか無いんです

 

コレは正式なバルブタイミングを知らないと無理😅

でも言い方を変えると自由にバルブタイミングを変更できるので、チューニングには好都合ですねw

 

それで先程の専用工具❗️

あの工具で位置を固定しておけるから、バルブタイミングの調整まで行わなくても良いんです😁

 

手間やリスクを考慮すると大変便利な工具なんです❗️

(マーキングを独自で入れておく手もありますが、流石にカムシャフトに入れるには精度が不安です)

 

カムシャフトオイルシールを交換します。

全体的にオイルまみれで場所の特定は難しいですが、ココまでバラしておいて後から漏れ始めては困るので、

 

考えうる原因は全て対処しておきます!

 

カムシャフトホルダを取り外します。

矢印の部分にオイル染みがありましたので、恐らく漏れが始まっていた様です。

 

カムシャフト下のオイルラインのメクラからも怪しげな雰囲気が😅

 

カムシャフトホルダはキレイに清掃し、液状ガスケットを仕込みますが、

 

黄色い矢印部はカムシャフトが当たる部分

 

ココにガスケットが入り込まない様に事前にどのくらい伸びるかを試しておいて適量を塗布。

ジャーナル部には始動前の保護とガスケットが入り込むのを予防する為、組み付けペースとを塗っておきます😄

 

キャップ部の処理は完了❗️

 

新品のオイルシールを取り付け。

見慣れないメーカー名に若干不安がありますが、国産品で採寸に合うものも見つからなかったのでコチラを使用します。

 

メクラボルトは一旦取り外し、各所清掃&脱脂を行った後、

 

シールテープを巻いて処理。

液状ガスケットでも良いかもしれませんね😆

 

元通りに組み付けて、カムシャフト周りは完成!

 

普通の国産車ならココまで気を使わない作業😅

 

やはりアルファロメオは一筋縄では行きませんね🤣

 

こういった経験は我々にとっても貴重な体験❗️

余計な時間が掛かる作業だからこそしっかり考え、起こりうる可能性をしっかり考えながら作業を進めるのは非常に勉強になります☺️

 

まぁリスクを考慮するなら受けるべきでな無いんですけどね😅

 

こういった経験をできるのもお客さんの理解があっての事❗️

理解のあるお客さんは我々にとって大切な存在。

期待に応えられる様に頑張ります😁

 

 

次回に続く。

 

 

 

444-1222
愛知県安城市和泉町大海古3-12
くるまの修理屋さんTOOLBOX
TEL:0566-55-4015
E-mail:muro.gnomise@gmail.com

URL:http://www.muro-gnomise.com/

 

いいね!と思ったら下のボタンをクリックお願いします!
にほんブログ村 車ブログへにほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へにほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
にほんブログ村