コロナ禍になって約1年、この間に少年部の時に頑張っていた生徒が高校進学や就職を機に再入門したり、長期間の休会から稽古復帰される方が増えています。

一度は道場から遠ざかっても気持ちが切れていなかったり、ふとしたキッカケでまた気持ちが向いて道場に戻ってきてくれた時は本当に嬉しいです。

少年部の時はいち習い事やったと思いますが、一般部では稽古に打ち込めば打ち込むほど習い事から修行に変わります。

習い事も良し、修行もまた良しです。

また空手ができる喜びを噛み締めて自分自身の空手ライフを長く続けてほしいと願っています。

もちろん、今も続けて稽古されてる方も同じです。自分のペースで自身の心身を磨いていきましょう。

ただし、選手でチャンピオンを目指す人は別です!毎日自分がチャンピオンになる姿をハッキリとイメージして、チャンピオンになって当たり前と思えるくらいの稽古量は必須です。

人生一度切り、命をかけて稽古できるのも若い時だけです。

コロナ禍で活動が制限される中でも、その気になれば何でもできます。

3月の関西錬成と5月のJFKOでチャンピオンを目指す人は気合いを入れて稽古しましょう!