令和元年8月19日(月)~25日(日) の7日間

第95回 行田市柔道連盟暑中稽古が

( 朝5時~同6時まで)

 行田市総合体育館柔道場において始まりました。

朝の5時では外も薄暗く、中学生は集団で自転車にて参加し、

子供たちはご家族の応援を得て、元気よく参加しておりました。

 行田市内はもちろん鴻巣・北本・加須・羽生市内からも参加され

賑やかな暑中稽古の初日でした。

道場内 気温 31度 ちょっと動くとすぐ汗になります。


準備運動の後、寝技の乱取りから始まりました。

広い道場で元気いっぱい子供たちも張り切っていた。

指導の先生方も、汗びっしょりになりながら、指導に当たって

おりました。

立ち技の乱取り稽古です。

指導の先生方も中学生の重い選手は大変なようでした。

 

本日 暑中稽古の参加者 53名 

木村行田市柔道連盟会長があいさつの中で、「暑中稽古

稽古の意義や柔道を継続することの大切さ」をお話になって

初日も終了いたしました。

また 明日から頑張ります。