メシア流ドシラチューニング~ギターのチューニングにチューナーも音叉も必要ない~ | メシアがギターを語る~ギター500年の歴史がここから変わる~

メシアがギターを語る~ギター500年の歴史がここから変わる~

 世界唯一のギター革命家であるわたくしメシアが、ギターの知られざる真実を書いていこうと思います。どうぞよろしく☆

 ギターを弾く前に必ずやらなくてはならないもの━━チューニング。

 

 ところで、1000円くらいでチューナーは買えますが、チューナーは一切使いません。時間がかかるわりに当てにならないからです。チューニングは自分の耳でおこないます。(何千円もするチューナーを買える余裕があるなら、そちらを使ってチューニングするのも無理に否定はしません)。

 

 では、さっそくやり方を説明したいと思います。

 

 しかし、その前にやっておかなくてはならないことがあります。1弦でハーフ・チョーキングと全音チョーキングというものをやります。

 

 まずはハーフ・チョーキングから。1弦の15Fを人差し指で軽くぐいっと上に押し上げ、そのままピッキングしてみてください。その音と16Fの音が同じになったら、それがハーフ・チョーキングです。

 

 次に同じく15Fの1弦を、ハーフ・チョーキングのときより力を込めてぐいっと上に押し上げ、そのままピッキングしてみてください。その音と17Fの音が同じになったら、それが全音チョーキングです。

 

 もしも弦がきつくて上に押し上げられないなら、ペグを回して弦を緩めてやってみてください。

 

 全音チョーキングができるようになったら、さっそく耳チューニングの開始です。

 

 

1弦
2弦
3弦
4弦
5弦
6弦

 

 

第1段階
 まずはこれを弾いてみてください。

 

 8 7 5
 8 6 5
 7 5

 

 これが【ドシラソファミレド】に聴こえるようになるまで、自分で弦を強めたり緩めたりしながら弾き続けてください。

 

第2段階
 5 4 7 5
 8 7 5 

 

 次にこれも同じく【ドシラソファミレド】に聴こえるようになるまで、自分で弦を強めたり緩めたりしながら弾き続けてください。そしてそれっぽく聴こえてきたら、それでチューニング完了です。名付けて“メシア流ドシラチューニング”です。

 

 

 

 

 

目次へ

メシアがギターを語るへ