ボロ戸建からの脱却 その2^^ゞ | むらさんの居眠り大家日記^^ゞ
2015-04-17 20:14:47

ボロ戸建からの脱却 その2^^ゞ

テーマ:ブログ

人は何故「ボロ戸建」に魅力を感じるのか?


答えは簡単^^ゞ


①金は十分に持っていないんだけど、


②なぜか「投資マインド」に目覚めた人が


③俺でもできそじゃね?ってとっつきやすいから。



ホントの金持ちは「ボロ戸建」なんか見向きもしませんって^^ゞ


1千万円の建物を22年で償却するのも、200万円の建物を


4年で償却するのも経費的には、たいして変わらない。


300万円の新車を6年で償却するのと、ワタシのように


シルバーカーを2年で償却するのも、大して変わらない。


だから金持ちは、新築や新車(ベンツの2年落ちもここに入る)


が好きで、金のない一般大衆は


ボロ戸建やシルバーカーを好む。



サラリーマンにどっぷり浸かって「投資マインド」ってなに?


っていう平和な方は、ボロ戸建見たらドン引きでしょ。


今は金持ちじゃないけど将来、ちょっとマシな暮らしをしたい。


という人の中で、


「労働時間を金に換えるだけじゃ限界がある」と感じた人や


「金持ち父さんシリーズ」か、北の大地の「加藤ひろゆき」さん


の本に感化されちゃった人が「ボロ戸建」のとりこになる。


まぁ、ワタシがそうなのだから、たぶん間違いない^^



ボロ戸建を購入して、リホームして、貸し出す。


このサイクルの最初の頃は、それこそイケイケドンドン^^^


ボロが恋しくて恋しくて、毎日ネットで検索する日々が続く。


金がある限り、ボロ戸建に突っ込んじゃう。


まごうことなきワタシのことだ。


企業でいう「創業期」から「成長期」だね。


入ってくる金は全て再投資に回すから、いつも金はない。


しばらくすると、自分で探さなくても業者が話を持ってくる。


ワタシが自分で探して買ったのは、始めの頃の


ボロ戸建5棟だけで、後は物件の方からやってきた。



で、おおむね10棟を超えてくると「安定期」に入ってくる。


そこそこの家賃収入を手にすると


「これ以上増やさなくてもいいかな^^」とか


「ホントにいい物件があれば買ってみるか」という心境の頃。


そんな時期が終わると


「果たしてこのままでいいのか?」


となってくる。


それが昨日のブログで書いたワタシの心境だ。


今は、7:3の構えでボロ戸建から「撤退」:ボロ戸建「取得」


になってきている。


撤退を念頭に置きつつ、それでも取得して行こうという考えだ。



一説によると、2020年には地方都市で2割が空家になる。


幸い船橋市は人口が増加しているようだけど、ワタシの


縄張りで人口が増えているようには思えない。


減少する店子の争奪戦が始まることに間違いはなさそうだ。


そんな中で、ソフトランディングしていく方法を模索しているの。


今日はちょっと、酔っているからまたね^^/

むらさんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス