ただのそれは | 宇宙人のための地球メソッド

宇宙人のための地球メソッド

地球で生きづらさを感じているあなたへ。


テーマ:
偶然は必然と言うけれど

それはわかる

内世界で考えていた事が

外世界で行動と一致した時ね。




じゃあ偶然と感じてすらいない

このただの「今」の瞬間は

おこたつでコーヒー飲んで
(こんな時間だけど気にしなーい口笛

まったりしているこの時は

なんて言うんだろう。

超然?






偶然を感じた時だけそれは必然だよと言うけど

偶然(シンクロニシティ)を創り出す以前から

その必然はあったし

その必然の大元は

自分自身の「在る」だ。

その「在る」姿を超然と言う


かもチュー





「超然」

世俗的な物事にこだわらず
そこから抜け出ているさま。
(Google調べ)




存在って「ある」「いる」と書くのね。


既に在って、既にいる


何をしようと感じようと


既にあって、既に在る


だから、全てが必然なのは当然なのね。





自分でもよく分からなくなって来たけど真顔?


必然である偶然を体験するのも
とても楽しいけど


それよりも深夜のおこたつで
コーヒー飲んでる自分の方が


偶然も必然も何も感じていない時の方が
よっぽど「ただの自分」で存在そのものだよね。


本当にそのままが
人間は一番超然としてる。


そんなことに気づいた。




然って20回くらい書いたわ!



{5F1BDFC6-46E9-4B60-93D6-89DCE11BA635}

私はどうもオタク気質なので
四六時中こんなことばかり考えています。

スピオタクでは無いけど
感覚を言葉にするのが楽しいルンルン




無意識や目に見えない領域を
言語化するのは得意です。





おやすみなさい
いい夢を〜流れ星




Healing planet「青い星」
紫の舞





青い星の舞さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス