ボンクラーズ恐るべし! |           ごぢゃっぺ日記

          ごぢゃっぺ日記

ホームページ『ごぢゃっぺ通信』の別館です。


テーマ:
 将棋ファン注目の一戦、コンピュータ将棋世界チャンピオン「ボンクラーズ」対元名人・米長邦雄永世棋聖の対戦が行われた。昨年度には「あから2010」が清水女流二冠に勝ちコンピュータの実力を見せつけたが、今回はすでに引退したとはいえ元名人だ。データを使って冷静な分析をし、ボンクラーズが圧倒的に有利だという人がいた。オレにはにわかに信じられなかったが、結果はその通りになった。
 ただ、棋譜をみると違和感を覚えざるを得ない。米長さんはかなりコンピュータ将棋を研究していたようだが、人間との対局では間違ってもこんな戦法は使わないはずだ。中盤までは米長さんがかなりうまく指していた(そうだ)が中盤のちょっとしたスキをついたボンクラーズが一気に押し切ってしまった。やはり終盤は1秒間に1800万手を読むというボンクラーズは完璧なようだね。米長さんには自然体で指してほしかった。
 来年からは現役の男子プロがコンピュータと対戦するそうだ。どうなるのか今から楽しみだ。

ムラマサさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス