浜松の木造新築注文住宅「村木建築工房」のブログ

「地震に強く、夏涼しく、冬暖かい、快適な家造り」を永遠のテーマとし、地元天竜材を使い伝統の技と最新技術で建てる「板倉造りの家」、自然素材の家を良心的な価格で提供する「高品位住宅」など建てて良かったと心から思える家を提供しています。


テーマ:

村木建築工房の家に使われている材木は、森林環境の保全に貢献する「FSC認証材」です。

 

 

■森林保全、地域の利益、持続可能性がキーワード

「FSC認証材」は、国際機関FSC(Forest Stewardship Council(R)、森林管理協議会)の認証を受けた木材です。

FSC認証は、「森林環境を適切に保全し」「地域の社会的な利益にかない」「経済的にも継続可能な」かたちで生産された木材に与えられます。

 

■天竜の豊かな森を育てる

村木建築工房のように、「FSC認証材」を積極的に採用することで、お客様の家が木に囲まれた豊かな住空間になるだけでなく、森林環境の保全や地元林業等の振興にもつながります。

さらに、村木建築工房が「板倉造り」の家などに使う「FSC認証材」は、地元・天竜産のヒノキ柱やスギ板です。そのため、木材の運搬コスト・エネルギーの抑制にも貢献しています。

 

 

■さらに普及に取り組んでいきます

浜松市が公共建築で積極的に利用したり、過去のオリンピック施設に採用されたりしてきたFSC認証材。

村木建築工房もFSC認証材の普及に取り組んでいきます。

 

★地産地消の家づくり

http://www.muraki-k.jp/index/concept.html

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

村木建築工房 浜松の木造新築注文住宅さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります