遺言書を見つけたら・・・

テーマ:
Q1 父親が亡くなって,遺品を整理してたら,封筒に入った遺言書が見つかりました。さて,どうしたらよいでしょうか?教えて下さい。


A1 まず,遺言書がどういう遺言書か確認しましょう。
 封筒に「公正証書遺言(※1)」であることがわかる文言があれば,そのまま開封して中身を確認して問題ありません。以下に述べるような検認手続は不要です(民法1004条第2項参照)。

 問題は,公正証書遺言ではない場合(自筆証書遺言(※2),秘密証書遺言(※3)の場合)です。
 この場合,遺言書を保管している人や遺言書を発見した相続人は,遅滞なく家庭裁判所にその遺言書を提出して,検認の申立てをしなければいけません(民法1004条第1項)。
 そして,封印のある遺言書は,家庭裁判所でしか,開封してはいけないことになっています(民法1004条3項)。
 もし,遺言書を提出することを怠ったり,家庭裁判所外で開封をした者は,5万円以下の過料に処せられるおそれがあるので注意が必要です(民法1005条)。





Q2 えっ!遺言書と知らずに開封してしまいました!5万円以下の過料に処せられるのですか?

A2 家庭裁判所でしか開封できない遺言書は,「封印のある遺言書とされています。ここで,封印とは,文字通り,封に押印のある遺言書の意味であり,単に封入されている遺言書は含まれませんので,今回の遺言書が単に封入されている遺言書であったのであれば大丈夫です。





Q3 しかし,封筒には遺言書らしき表示がなく,しかも封印がある封筒を開封してみたら,遺言書があった場合はどうなるのですか?やっぱり5万円以下の過料に処せられるのですか?

A3 過料事件の手続(地方裁判所で非公開で審理されます)の中で,意見を述べることができるので(非訟事件手続法120条第2項),そこで,遺言書が入っているのを知らないで開封した旨を陳述して自己の立場を弁明すればよいでしょう。





Q4 ついつい開封した遺言書の内容が自分には不利な内容でした。もし,これを隠してしまったりしたらどうなりますか?法定相続分どおりに相続できますか?

A4 相続人が相続に関する遺言書を偽造・変造したり,破棄・隠匿したりすると相続欠格者となり,相続人となることができません (民法891条5号)。注意して下さい。





Q5 では,具体的に検認の手続の申立はどうしたらよいですか。

A5 まず,相続開始地(遺言者の最後の住所地)の家庭裁判所に申立をする必要があります。申立費用や裁判所に予め納める郵便切手が必要ですので,準備しましょう。具体的にいくら必要かはもよりの家庭裁判所(http://www.courts.go.jp/saiban/kankatu/index.html )に電話したら丁寧に教えてくれます。
 そして,申立書を作成する必要がありますが,それは,裁判所の書式があるのでそちらを参考にして下さい。
 あとは添付書類です。これを準備するのが大変ですが,申立人,遺言者(被相続人),相続人それぞれの戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)をそろえる必要があります。特に,遺言者(被相続人)については,出生から死亡までの戸籍謄本をそろえる必要があります。そして,これらをもとに相続関係図を作成します。
 また,申立人,遺言者(被相続人),相続人それぞれの住民票も必要です。






Q6 なんとか,申立ができました。検認手続ではどういうことが行われますか?

A6 まず,裁判所から各相続人に検認期日の呼出状が送付されます。その期日に出席できれば出席してもいいですし,別に行かなくても問題はありません。

 検認期日においては,出頭した申立人,相続人などが立ち会い,封書の場合は開封し,遺言書の中身を確認します。
 そして,最終的に書記官が検認調書を作成します。
 遺言書の検認を終えたら,書記官は検認済証明書を作成し,これと契印した遺言書を申立人に返還します。なお,検認証明書は無料ではありません。150円の収入印紙が必要です。準備しておきましょう。
 そして,検認に立ち会わなかった申立人,相続人等に対しては,遺言書を検認した旨の通知(検認通知が裁判所から送付されます。もし,この検認通知に遺言書が添付されていなかったならば,検認調書の謄本の交付申請をしましょう。それで,遺言書の内容が分かります。



ちなみに,検認手続を経ない自筆遺言証書に基づく相続登記申請は受理されません。

といった感じです。なんだかめんどくさいですね。


だから,弁護士としては,遺された人のためにきちんと遺言を遺しておきたいのであれば,公正証書遺言がいいですよ!とオススメしています。








※1 公正証書遺言(民法968条)
 公正役場で作成した遺言書。 
 公正役場で証人2名以上の立ち会いの下,遺言者が遺言の趣旨を公証人に口授し,公証人が遺言者の口述を筆記してこれを遺言者及び立会人に読み聞かせ,または閲覧させ,筆記が正確なことを承認した遺言者及び立会人が署名押印し,公証人がかかる方式に従って作成した旨を付記して署名押印した遺言書。

※2 自筆証書遺言(民法967条)
 公正役場で作成しない遺言書。
 遺言者がその全文,日付及び氏名を自署し,これに印を押して作成する遺言書。

※3 秘密証書遺言(民法970条)
 公正役場で作成した内容が秘密の遺言書。
 遺言者がその証書に署名押印してその証書を封じて証書に用いた印章で封印をし,公証人及び証人2人以上の前に封書を提出して,自己の遺言書である旨並びにその筆者の氏名及び住所を申述し,公証人がその証書を提出した日付及び遺言書の申述を封紙に記載した後,遺言者及び証人とともにこれに署名押印して作成される遺言書。