ダイエット④ | murakami-good-health.com   

【まとめ】

 痩せて、キレイに、カッコよく、元気で健康になるために・・・。
いま、一番良いと考えていること。
 
(Ⅰ)食べあわせ
(Ⅱ)分子整合栄養医学
(Ⅲ)害のありそうなものを避ける
(Ⅳ)したいことをする
(Ⅴ)食事は美味しく

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
(Ⅰ) 食べ合わせ
体重増減の原因は、摂取カロリーと消費カロリーのバランスだと考えていましたが、それだけではないと気付きました 。
食べたものが体内でスムーズに消化されることは重要だと思います。
【フィットフォーライフ】【女性のためのナチュラルハイジーン】
(著:松田麻美子)

食事の食べ合わせのことが書かれています。

タンパク質【肉】 + 炭水化物【米・小麦】

=消化が難しく、腸内で腐敗の原因になるらしい

タンパク質【肉】 + 野菜

炭水化物 + 野菜

=消化がスムーズらしいです。

(Ⅱ) 分子整合栄養医学
身体は食べたものでできている。体調不良や病気の種類によって、不足している栄養素が学べます。

【うつ・パニックは鉄不足が原因だった    箸:藤川徳美】

【疲れが取れないのは糖質が原因だった  箸:溝口徹】

【妊娠体質に変わる栄養セラピー       箸:定真理子】


(Ⅲ) 害のありそうなものを避ける 

外食チェーン店やコンビニ、スーパーの惣菜など、普通に売っているし、皆が食べているからと気にせずにいると、

農薬、防腐剤、添加物、遺伝子組み換え食品などを知らない間に大量に摂取しています。

それがどのような健康被害に繋がるかは明らかにされていません。すぐに反応が出なくても、長年蓄積して何か体に影響が出た場合は自分で責任を取らなければなりません。私は可能な範囲で避けた方が良いと思っています。

【安い食べ物には何かがある      箸:南清貴】

 

(Ⅳ) したいことをする

食べたいけれど、本当はしたくないけど、我慢してダイエット・・・。

したくないことをすると、リバウンドしやすいです。

痩せることだけではなく、体の内部や食のことに目が向くと、目的がしたいことに変わってくるかもしれません

 

(Ⅴ)食事は美味しく

長年、自分が口にするものがどんなものかを気にせず、食べたいものを口にしてきました。

食事を改善して約3年半。肉・魚・野菜など、生命力が高いもののほうが美味しいと感じます。調味料の味ではなく、素材本来の味を感じるようになり、味覚だけではなく身体も反応するようになりました。

味が分かるようになると、食べたい好みが自然と体に優しいものに変わっていくと思います。

 

(参考に)

・玄米
最初は体調良くなったが数ヶ月したら不調を感じるようになった。
玄米には排毒作用があり、最初は調子が良くなるらしいが、発芽抑制因子が不調の原因になることがあるらしい。玄米は発芽させてから炊くのがお勧めです。

 

・健康法

玄米・青汁・黒酢・ビフィズス菌など、色々ありますが、合うかどうかはその人によって異なります。自分の体の声や反応で判断されることをお勧めします。

最後に

今回、夫の私から食事内容を変える提案。妻は快諾してくれましたが、調味料やレシピが使えなくなりました。再構築するのに、かなり大変そうでした。
ほんとうに苦労かけました。心より感謝です。.
 

でも、妻はすごく元気になったのですアップ

「疲れた」「しんどい」「痛い」と、日々耳にしていましたが、全く聞かなくなりました。
イベントや多忙なこと、睡眠不足になると倒れ込むように寝ていたのがなくなりました。
頻繁に治療していましたが、全くと言っていいほど不要になりました。
妻いわく、「食事改善と白砂糖を摂らなくなったからだと思う」と。
 
体に良いもの美味しいものを食べて内部からキレイになり、痩せて外面もキレイになり元気で健康にもなる。続けられるからリバウンドもない。
 
そんなダイエット、実践した体験からお勧めします。