《 骨盤矯正を考える 》 | murakami-good-health.com   

テーマ:

私はカイロプラクティック療法を学んで実践してきましたが、最近、骨盤矯正に対する考え方と施術方法が変わりました。

 

骨盤矯正を勧める情報を、様々なところで目にします。

骨盤矯正は、左右の腸骨と仙骨の間のズレや動きが悪い箇所を、押す・捻るなどの外力を加えて整えることを目的としています。

矯正して正しい位置に戻れば動きが良くなり、痛み・不調が改善し、自然治癒力が向上すると考えられています。

 

そして、背骨も同様に考えて、矯正(アジャスト・スラスト)を行っている治療家・施術者がたくさんいます。

矯正を専門に行っている人は、矯正しないと良くならないと考えている方が多いと思われます。

 

しかし、カイロプラクティック療法は、もともと首の上位2つの骨だけを矯正するもので、骨盤・他の背骨にはアプローチしていなかったのです。

神経ネットワークの働きを高め、エネルギーの流れを良くし、自分のチカラで様々な病気や不調が治るように、自然治癒力を引き出すことを目的でされていたのです。

 

すなわち、徒手的に外力を加えて行う骨盤矯正は、本来のカイロプラクティック療法とは、全く違う施術なのです。

 

私は幸いそれを知り、正しい知識と技術を学びました。

更に、そこから進化した【ウツシ】という施術方法を修得することができました。

 

骨盤の歪みやズレは、自分で治すチカラが低下している状態の現れであり、本来の能力が発揮できれば、他人が外力を加えて整えなくても自分で整えられるはずである、と考えています。

 

そのため、骨盤矯正を希望される方には、自分の力でカラダを整えられる状態にする、

上部頸椎カイロプラクティックから進化した【ウツシ】という施術をお勧めしています。

 

カラダは、首・・・胴体・・・腰・・・骨盤・・・股関節・・・ふともも・・・膝・・・ふくらはぎ・・・足首・・・足趾など、連動・連結して機能しています。

骨盤(仙腸関節)だけ調整しても良くなっていかない・また再発する、産後に自然と元の体型に戻らない、又は崩れて行く人などは、全体の連携がうまくってない状態であると考えられます。

 

立つ・歩く・しゃがむ、など日常の何気ない動作において、各関節で荷重がキチンと受けられると、仙腸関節に限らず、様々な関節も動きが良くなっていきます。

 

【ウツシ】の施術では、神経伝達とエネルギーの流れが良くなるため、重心軸を整えるには抜群の効果があります。それは、施術後すぐに実感していただけると思います。それ故、カラダ全体が連動連結して使える状態になり、次第にカラダが整っていくようになります。(個人差があります)

 

骨盤周囲の筋力が低下している人には、トレーニングの治療器【スタイレックス】をお勧めする場合もあります。

 

骨盤は他人に整えてもらわなくても、キチンと立って、キチンと歩き、キチンと使えば、カラダは整っていくはずです。

 

自分のカラダを自分で整えられる状態を、一緒につくっていきましょう。

 

村上整骨鍼灸院さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス