《スポーツ外傷・障害》 | murakami-good-health.com   

テーマ:

 スポーツをしていて体に痛みが出る場合があります。

 

 当院では、スポーツの痛みに対して、下記に重点を置いて施術しています。

 

○短い期間で早く治って競技復帰

○使い方に根本的原因がある場合、正しい使い方を身に付ける

 

 スポーツによって起こるケガとは、「スポーツに関係して起こる運動器のトラブル」のことです。

トラブルがどのように起きたか、により

➀スポーツ外傷

②スポーツ障害  の2つに分類されます。

 

➀スポーツ外傷とは、転倒、衝突、捻ったなど、1回の衝撃により損傷した場合で、痛くなった原因があるケガを言います。

例)手首・足首・肘・膝の捻挫、肩・肘・指の脱臼、ふともも・ふくらはぎの肉離れ、骨折、打撲など

 

②スポーツ障害とは、比較的長期間に繰り返される過度の運動負荷により損傷した場合で、はっきりとした原因が思い当たらないのに、一定の部位が痛んだり、故障が起きたりしたものをいい、使いすぎによって起こることが多いようです。

  例)シンスプリント、疲労骨折、テニス肘、ゴルフ肘、野球肘・肩、アキレス腱炎、ジャンパー膝、オスグッドなど

 

 実際のスポーツ現場では、繰り返される負荷が継続し、組織がかなり弱ってしまっている時に、 ちょっとした外力や負荷で症状が出現することもあり、外傷と障害の区別がはっきりしないこともあります。

 

  いずれの場合も、悪化しないために早めの治療・施術をお勧めします。

 

  当院では、スポーツ外傷・スポーツ障害共に、電器治療器・冷却・温熱・包帯・テーピング・はり灸・手技などにて、症状に応じて患部が鎮痛・消炎するように、損傷した組織の回復を早めるように、施術致します。

  

  加えて、使い方に原因があると思われる症状に対しては、正しい体の使い方をお伝えしています。

 

  重心のバランスが崩れて、体に負担のかかる使い方・走り方をしていると、治療・施術してもなかなか良くなりません。一定時期運動を休んで良くなっても再発を繰り返すことになります。

  

  痛みを引き起こす原因は、ほとんどの場合体の使い方が末端主動(手足をメインに使う)になっているからです。体は、末端だけで大きな力に耐えるような構造になっていません。だから、故障していきます。

 

 体幹主動(胴体をメインに使う)になると、末端へさほど大きな負担がかからないため故障しにくくなります。更に、動作スピード・パワーがアップし、疲れにくくなる利点もあります。

 

 以下、スポーツ外傷・障害の当院での症例です。

 

・受傷後に整形外科を受診、足首・膝の靭帯損傷と診断され、全治2か月・2か月半と言われたと来院される方は多数おられます。骨折・靭帯断裂等が無ければ、ほとんどの方は約1ヶ月後に競技復帰・試合出場されます。

 

・大阪で勤務していた頃、オスグッド・シンスプリントの症状に対しては、スタッフ皆で様々な方法で治療してもなかなか良くなりませんでした。現在は、原因の根本は体の使い方にあると考えていますので、施術と共に使い方が変わっていくと、次第に良くなっていきます。

 

・スクワットのオーバートレーニングと練習で坐骨に疲労骨折起こした高校生。病院へ通院していたが良くならないため当院へ通院。施術しながら使い方を改善して約1か月後に競技復帰

 

 ・足首の捻挫を何度も繰り返し、競技をやめようかとあきらめかけていたが、捻挫しなくなって競技を続けることができた方もおられます。先日、数年ぶりに当時の話をしたら、バランストレーニングで捻挫をしないようになるのが不思議だったと、言っていました。

 

 なかなか良くならない方、根本的に治したいと考えている方、早期に回復したい方、お気軽にご相談下さい。

村上整骨鍼灸院さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス