《 膝関節痛 膝に水がたまる 》 | murakami-good-health.com   

テーマ:

スポーツ・日常生活でのケガ。または、変形性膝関節症など原因不明で痛みが発生する場合があります。

 

当院では、損傷部位を早く回復するため、繰り返し水がたまらないための、施術ができます。

 

膝に水(水腫)がたまるのは、膝の内部・周囲に炎症があるからです。ケガの時は水腫と血腫の場合もあります。熱を持つと、関節包・滑膜の透過性・浸透圧が変化し、内部へ関節液が入りやすくなります。

 

簡単に説明すると、熱があると冷やそうとする体の反応で水が集まってきます。

水腫は、下の図の滑液の部分を指します。

 

可動関節の代表である膝関節の構造

参照:https://nurseful.jp/career/nursefulshikkanbetsu/or...

 

水がたまるとクセになりませんか?と聞かれます。大半は、関節の炎症が治まると正常の量に治まります。

 

病院へ数年間通院して、定期的に水を抜いていたと言われていた方でも、当院に通院して施術した結果水がたまらなくなり、痛み無く日常を過ごされるようになった方は、多数おられます。

 

水は抜かない方がいいですか?とも聞かれますが、水が多くたまると腫れが強くなり、痛みが出ます。排液した方が良いと感じた場合は、提携病院へ紹介いたします。

 

要は、水を抜くのは悪いことではありません。

その後、炎症を引かすための治療・施術をすることが、大切であると考えています。

 

当院では、冷却・固定・手技・電器療法・温熱・鍼・灸・テーピングなどにて、その人の症状に合わせ、痛みと炎症が引くように施術いたします。

 

膝周囲の筋肉が正常に動かなくなっている場合が多くあり、膝に負担がかかる状態になっています。何度も水がたまる・痛みを繰り返す大きな要因です。

 

崩れたバランスを整えるように施術を続けると、立位・動作時にスムーズに動くようになり、膝の循環が良くなってていきます。

 

膝の症状でお悩みの方、お気軽にご相談下さい。

 

尚、リウマチ・痛風・偽痛風・靭帯断裂・半月板損傷・骨壊死・腫瘍性疾患などを疑う場合は、提携病院等を紹介させていただきます。

 

村上整骨鍼灸院さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス