すごろく思考で幸せに最速で叶える人生に!妄想すごろくノート術発案:原麻衣子

女性起業家のあなたの世界観×経験×ニーズで気づいていない才能をオンリーワン商品にします!毎日のTODOリストをサクサク進めて、未来のための時間を創る!夢も野望も最速で叶える「妄想すごろくノート術」で仕事もプライベートも幸せ豊かな毎日を全力サポートしています。


テーマ:
 
image
 
株式会社メイクステージ代表・女性起業応援コーチの原麻衣子です。
 
ライフストーリー引き続き第4話をお読みください。(1話から読む)
 
 

 

【原麻衣子のライフ・ストーリー】

 

「妄想すごろく」

 

麻衣子さんが今、広めようとしている、

夢の叶え方である。

 

現実味なんてなくていい。

ただの妄想でいいから、

叶えたい自分の姿を、まずゴールに据える。

 

そしてそこにたどりつくまでの道のりを、

一歩ずつ逆算し、すごろくにして、

自分のノートに書き残すのだ。

 

 

 

自分の妄想。

そのための対策。

あるいは、ダメ出し。

自分ツッコミ。

 

あらゆるプロセス全部を文字にすることで、

何だか、愛しく思えてくるのだという。

 

描いた夢のきらめきが。自分の不器用さが。

ひいては、自分自身、まるごとが。

 

原麻衣子さんの道のりは、

きっと誰かの背中を押すはず。

さあ、ストーリーの幕を開けよう。

 
(取材・文/小川志津子)
 
 

 

 

 
 

 

④100個の不安をゼロにする

 

ある日、前述の彼氏から

コーチングの合宿ワークショップを強く勧められる。

 

「自分がお金を払ってでも、行ってほしいと。

 それくらい、向いてると思うから、と」

 

半信半疑で門をたたくと

衝撃的な自己発見が待っていた。

 

 

「自己分析みたいなことは、それまで

 就活でさんざんやってきたんですよ。

 だから『チャレンジ』とか『自己向上心』みたいに

 自分が重んじる価値観に名前をつけることはできたんです。

 でもそこで『それらに順位をつけましょう』って言われて。

 

 そしたら、1位が『素直になりたい』で

 2位が『甘えられる女になりたい』だったんですよね」

 

自分で本当にびっくりしたという。

自分の口で言いながら、ぼろぼろ泣いちゃったという。

 

 

image

 

 

「あと、『喜怒哀楽を出しましょう』っていうワークもあって。

 『怒』なんてないよー、と思っていたら

 小学校の時に置き忘れた怒りが蘇ってきて」

おかあさん、への思いだった。

 

 

「もう分かり合えないと思っていたから

 母に関する気持ちは、マンホールの重たいフタの下に

 押し込めて、閉じ込めていたんですね。

 でもその下でずっと、ぐっつぐつしてたんでしょうね(笑)。

 そのワークで、それが、どーーー!っとあふれた」

 

全部出したら、顔を出したのは「哀しみ」だったという。

 

「本当はもっと普通の母娘でいたかった。

 あんなことやこんなことを一緒にして

 本当はもっと愛されたかった。

 でも母の立場に成り代わって考えてみたら

 『あんた何言ってんの』って感じだったんですよね。

 私が産んだんだから、愛してないわけがなくない!? って」

そこが、転機の始まりだった。

 

 

「そのちょっと前に、カラーの勉強

つまり『お客さまに似合う色を見つける』というお仕事に出会って『天職だ!』って思ったばかりだったんですね。

 

でも、似合う色がわかって着飾っても

内面がぼろぼろだったら美しくないじゃないですか。

何か、内面をサポートできたらいいなあと思ったタイミングでコーチングに出会ったんです。

ここで初めて就活中にずーっと探してた天職がやっと見つかった!と思って」

 

 

 

「見つけた夢を、最短で実現したい人」

 

そのコーチング合宿のサイトには

そんなフレーズがあったという。

 

「ここでもまた、すごろくなんですよ。

 スリーエムはとてもいい会社なので

 カラーやコーチングの技術を

 社内で活かしていく道はないかと探ってくださったんですけど

 

 私が本当にやりたい道は

 それではないってことがわかって。

 いろんな選択肢をシミュレーションして

 起業するしかない、と思ったんです」

 

 

image

 

 

10年後。

カラーとコーチングの効果を合わせ持つ

新しいセラピーを提供するサロンを開設する。

 

 

それが、彼女がその時掲げたゴールだ。

 

「でも、そんなに素敵な妄想を

 10年も待たないと叶えられないの??

 って思っちゃったんですよね(笑)。

 そんなの、とても耐えられない。

 じゃあ5年後かな、3年後かな……

 ってプロのコーチと一緒に考えた結果

 『1年後』っていうタームが浮かんで」

 

 

絶対厳しいし、一人じゃ無理だけど

いろんな人の力を借りながら迎える

 

1年後の夢の実現。

 

 

「それにあたっては不安が100個ぐらいあったけど(笑)

 それを全部書きだして、ゼロにしていくことが

 私には可能だっていうことはわかっていたので

 不安をゼロにするまでは絶対に辞めないと決めました」

 

 

そのプロセスを助けてくれたのが

「すごろく思考」だったという。

 

 

「会社の仕事で時間が取れないとか

 他の人たちが自分より進んでるように見えるとか

 ていうか結婚はどうするんだろう、とか(笑)

 サロンオープンのすごろくと

 プロポーズ大作戦のすごろくと

 2つを同時進行させてましたね」

 

 

image

 

 

そうなのだ。

夢に向かって走り始めてしまうと

「我慢」があまり効かなくなる。

 

 

欲しいものが2つあれば

2つとも欲しくなってしまうのだ。

 

 

「もう一歩だから絶対大丈夫。

 自分をそうやって励ましながら

 2011年3月に会社を辞めて

 4月に入籍をしました」

 

 

2つのすごろくが

その日、「あがり」を迎えた。


(取材・文/小川志津子さん)

 
  
 

・・・・・・・・・





第4話までお読みいただいてありがとうございます!

 

コーチングとの出会い。

天職との出会い。

起業を考えるきっかけ。

サロンオープンの目標を決めた時。

 

そして「1年後にサロンオープンする!」と決めた瞬間。

不安が100個以上押し寄せた話(笑)

この数にはビックリでしたね^^

 

すぐに上書きされました。

 

「私は1年後。100個の不安をゼロにして、不安ゼロでサロンオープンする!」

 

 

原麻衣子のライフストーリーいよいよ最終回です。

最後までお付き合いいただけると嬉しい嬉しいです^^

 





 
◆雑誌の表紙にも掲載!
 
夢を引き寄せる!毎日の手帳タイムで仕事も家事もがはかどる!妄想すごろくノート術
 
 
 
妄想すごろくノートやすごろく手帳。ふせん術メインでインスタグラムに掲載しています^^
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

妄想すごろくノート術発案・女性起業支援コーチ原麻衣子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント