本日、村井が事務局長を務める「2020年以降の経済社会構想会議」の第4回会合が開催されました。
  今回は、橋本行革などで辣腕を振るわれた松井孝治氏(元官房副長官)にお越し頂きました。松井さんからは、平成の統治機構改革と今後の課題についてお話し頂き、その上で、あるべき「政治主導」・「政官関係」・「国会」・「行政機構」について、深い議論を行うことができました。
 また、本日の会合において、「平成デモクラシーの総括とポスト平成の政治改革」をテーマに、5月中を目途に一定の中間取りまとめを行うことを決定しました。限られた時間ではありますが、精力的に検討を進めていきます。