準決勝 「ロシア - スペイン」 | Brilliant World

Brilliant World

現状報告


テーマ:

サッカー


ユーロ2008

準決勝

「ロシア - スペイン」

0-3



この試合を見た人は多いでしょう。


今大会絶好調のロシアと、

3連勝後、苦手イタリアにPK勝ちしたスペイン。


初戦は4-1でスペイン。


そして結果的に、

この試合もスペインでした。


サッカー


前半。


試合開始後10分間は、

スペインペース。


ロシアは、

らしさが見られません。


やはりシャビが下がりめで、

左にイニエスタ、右にシルバ


F・トーレスが右に開いて、

中央にシルバが入ってきたり、

右からセルヒオ・ラモスが上がってきます。


この試合もマルコス・セナが絶賛されてますね。


しかし、

お互いにリズムが作れずに、

おもしろくない感じです。


ロシアは積極性がなく、

スペインの攻撃を怖がっているのか?


しかしなんと支配率はロシア。


ビジャが前半で怪我。


ビジャも良かったけど、

セスク・ファブレガスが入ったら、

ようやくリズムが出てきた。


4-4-2から、

4-1-4-1です。


サッカー


後半。


らしさが見られないロシアが、

ついに前線からプレスをかけてきます。


しかし、

スペインは華麗なパス回しでかわします。


シャビがようやく上がっていき、

イニエスタが狭いところに鋭く入れます。


これをシャビが飛び込み先制!


このゴールはすごい。


さすがだな。


よく戻さずにあそこに入れるよね。


それでよく合うよね。


あの速さで。


そしてまたも2人同時交代。


シャビ → シャビ・アロンソ

F・トーレス → グイサ


2点目はセスク・ファブレガスが軽く浮かせて、

グイサが楽に決めます。


さすがはリーガ得点王。


3点目はイニエスタの縦パスから、

セスク・ファブレガスが中に入れ、

シルバが決めます。


スペインのポジションチェンジはすごいね。


イニエスタシルバセスク・ファブレガスは、

どこにでも顔を出します。


サッカー


この試合は、

前半と後半で全然違う試合です。


結果的に、

ロシアがロシアらしさを見せていけばいくほど、

スペインが強烈にスペインらしさを発揮していきました。


ロシアからすれば相性が悪い・・・


いままでは相手がよかったのか。


早めのプレスをみんなでかけて、

リズムを作っていたのかな~


それをタレント軍団スペインは、

あっさりかわしてしまう。


サッカー


さて決勝は、

「ドイツ - スペイン」

ですが、

見逃せないですね。


muraさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス