*それって癖?個性?障害?* | 稼げる身体を作る!ピラティス/スポーツアロマ・コンディショニング☆村井千波のブログ

稼げる身体を作る!ピラティス/スポーツアロマ・コンディショニング☆村井千波のブログ

カラフルボディ研究所の所長、村井千波です。
ピラティスとスポーツアロマ・コンディショニングで、仕事も趣味も全力でできる身体を作ります!


テーマ:

カラフルボディ研究所の所長、ピラティスインストラクターの村井千波です。



ピラティスのレッスンをしていると、人それぞれ本当にいろいろな癖や習性があるな〜って思います。

そして自分の癖って意外と気づかなかったりするんだよね。



わたしの癖はというと…

{51932AFA-E164-4B4E-9C0C-57FD94A2AC36}

しゃべっているとき、その言葉を頭の中でキーボードで打ってます。

変ですか?

わたしも同じ〜!って人、いないですかね?

あ、もちろん計算するときはソロバンが脳内にあらわれます(笑)



そんな変な癖も、それを自分で気づいて理解していることって大切だな〜と思うんです。

ついやってしまう癖もあれば

ついつい忘れてしまうという癖もありますよね。

わたしは忘れてしまうこともたくさんあるから、そういうことを忘れずにやりたいときは

表を作って壁に貼ったりもします。

ちゃんとできたら○を付けたり。



自分では普通のつもりでも、そうじゃないこともいろいろ。

それを誰かに言われたら「だってわたしは普通のつもりなんです!」ではなく

「そうなんだ。」と受け止めて検証する。

それが動きの改善にもつながっていくんですよね。



もちろん個性ということもあるし、もしかしたら何か機能的な障害もあるかもしれない。

わたしはきっと多動の傾向があるんだろうな〜とか思うこともあるし。

それを個性にできるかできないかは、そのことを理解して調整できるかどうか…

っていう気がします。(もちろんそれだけではないだろうけど)

そして捉え方によっては特技にもなりますよね。



今度わたしとしゃべっているとき、もし指が動いていたら

キーボードを叩いていると思ってください(笑)


村井千波さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります