稼げる身体を作る!ピラティス/スポーツアロマ・コンディショニング☆村井千波のブログ

カラフルボディ研究所の所長、村井千波です。
ピラティスとスポーツアロマ・コンディショニングで、仕事も趣味も全力でできる身体を作ります!


テーマ:

カラフルボディ研究所の所長、ピラティスインストラクター、スポーツアロマ・コンディショニングトレーナーの村井千波です。



今夜は皆既月食、見ましたか?

{5515AEEB-AAD0-4150-B49E-9923D6EA345E}

22時にレッスンが終わって、急いで外に出て見てみました。

iPhone Xだとこれが限界。

それでも十分、神秘的ですよね!



宇宙とか、地球とか、そういったこととわたしたちの身体のことを考えるとき

いつも思うことがあります。

この宇宙にはたくさんの、いろいろなエネルギーがあって

そのエネルギーのバランスによって、わたしたちの体調や気分は左右されるんだなってこと。

それは抗えないことではなく、エネルギーを知り、コントロールしていくことで

快適に生きることができるんですよね。



インフルエンザになって食欲が無いとき、弱っているから「栄養を摂らなくちゃ」とは思いません。

弱って食欲が無いなら、そのエネルギーに見合った分の栄養だけでいいんじゃないかな。

{987A7D45-672C-4191-BE69-9E1BE60E9972}

わたしはたっぷりの水分と、少しのお粥と、フルーツだけで数日を過ごしました。

食べたくないなら無理して食べない。

こんなとき消化にエネルギーを使ってしまうと、回復が遅くなる感じがするんです。

もしかしたら、もっと食べなかったら、もっと楽だったかもしれないな〜と途中で思いました。



お陰で、発症から3日目にはほぼ平熱で、痛みもダルさも無くなっていました。

それでも5日目までは、なるべくお粥と野菜などで過ごしました。



じゃあ、どのくらい食べたらいいの?と思いますよね。

わたしは食のプロではないので、なにをどう食べたらいいか、なんてことは発言するつもりはありません。

でも、日々自分の身体の感覚と向き合っていると「ちょうどいい」がわかってくる。

よく「だって食べたいんだもん」ていう言葉をよく聞きますが(笑)

それはもう感覚が鈍ってしまっているのだと思います。欲望だけ。

食べ物のことを知る前に、まずは自分の感覚を知るトレーニングをしてみませんか?



本当に快適な身体。

本当に気持ち良い身体。

もっとみんなが知ってくれたら、世界は健康で幸せになるのに!!

なんて、壮大なことをたまに思ってしまうのです。


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

カラフルボディ研究所の所長、ピラティスインストラクターの村井千波です。



先週の引きこもりが幻だったかのように、今日も一日普通にレッスンしています。

普通にレッスンできることって本当に楽しい♪

あ、そして確定申告前の「やらないといけない」もなんとか終わってスッキリ!

{1EDC4F19-15D2-4C5B-B6B9-7DBACD6C41BA}

(お客様のカンノさんにいただいた夏みかん)

やりたいこと…

いっぱいあるけど「やらないといけない」を無視しては何もできないんですよね。

終わってスッキリしたので、今やりたいことにじっくり向き合うことができます。



最近レッスンのときお客様に

「どんな自分に(身体に)なりたいですか?」

ってよく聞くんですけど

わたしが今いちばん気になっているのはこの人です。

雑誌で見て「カッコイイ!」と思って、Instagramでもチェックしまくりです。

オシャレでカッコ良くて自由奔放な感じ。

そんな50代を目指しています!!

「こんな身体」に、というより

「こんなイメージを持ってもらえる身体」になる。

ただ漠然と痩せるとか、腹筋つけるとか、そんなんじゃなくて

「こんな感じの人」というイメージの持てる身体。

それが憧れ♡



colorfulbodyの60代のお客様でも、フラダンスを習っていて、春に発表会があるから…と

レッスンに気合いの入っているハケダさんという方がいます。

最初はピタッとした衣装のために、お腹周りをもっと引き締めたい!と、おっしゃっていました。

でもだんだんと、優雅な振り(ダンスの)ができるようになりたい…って変わってきました。

その優雅な振りができるような動きに変えていく→イメージが変わる

結果、きっとお腹も引き締まる!(はず)



流行っているから

やっぱり痩せてるほうがいいと思って

ただなんとなくな、そんな理由でトレーニングするよりも

なりたい自分を目指して動くほうが断然楽しいに決まってる♪



そしてわたしはというと、そんな皆様のサポートを全力でするために

またマニュアルをひっくり返して、お一人ずつのレッスンプログラムを再構築中。

{E7D91273-1C79-4510-A38C-4469D23708A7}

基本的には、その日になにをやるかって全部を決めていません。

でも、その人のなりたいイメージに近づけるためにはなにが必要かということは

事前にしっかりインプットしておきます。



春になったら

夏になったら

どんな自分になっていたいか…

カフェでのんびり考えてみませんか?




カラフルボディ研究所
所長 ☆ 村井千波


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

カラフルボディ研究所の所長、ピラティスインストラクターの村井千波です。



じゃじゃん!

{87861893-00CC-4E47-ACA5-F7AB15A3B915}

なんと4日ぶりに外に出ました。

あんなにあった雪がほぼ消えていることさえ知らなかった数日。

人生初のインフルエンザになっちゃいました。

ご予約を変更していただいたお客様

熊谷さくら運動公園のレッスンご参加の皆様

坂戸のグループレッスンの皆様

ご迷惑をおかけしました。

そしてありがとうございます!!



本当はブログで書かなくてもいいかな〜って思ってたけど

もしかして、これからインフルエンザになってしまう人がいて

こんなときどうしたらいいの!?

ってネット検索したくなるかもしれないな、なんて思ったので記しておくことにします。



わたしは子どもの頃からあまり高熱を出したことがなくて、物心ついてからたぶん3〜4回?

今回も含め未だに39℃という体温計を見たことはありません。(たぶん)

いちばん最近の高熱は、うーん、うーん、20歳になってたか、なってなかったか

38℃を超えたのも、とにかく20年以上ぶりじゃないかと思います。

風邪も滅多に引きません。



だから実は、数年前から熱を出したい願望がありました。

なんでかっていうと、38℃以上の熱でガン細胞が死ぬとか、腸内細菌が活発化するとか

聞けば聞くほど良いことだらけだし!

発熱って最高のデトックス言うじゃないですか!

熱が出たらどんなにスッキリするんだろ〜と憧れ(笑)を抱きつつ

でもそんなことになったらレッスン休まないとだし、そしたらお客様に迷惑かけちゃうなぁ

って思っていました。

実際に熱が出てしまうと、確かに迷惑はかけてしまったけれども

皆さん心温かい心配の言葉をかけてくださり、本当に本当に感謝しています♡

ありがたいことにゴハンを作ってくれる家族もいるので、思い切り休むことができました。



結局38℃超えをしたのは丸一日も無かったかもしれません。

あとは37℃台の微熱が2日くらい?

それでも発症から4日目の朝には、ここしばらく感じたことのない爽快感で目が覚めました!

身体の中から入れ替わった。

そんな感覚さえおぼえます。



わたしはインフルエンザB型だったので高熱はあまり出ず、お腹はモーレツに痛くなりました。

発覚した夜は、吐き気と、激しい腹痛で数十分悶え苦しんだけど

これは出てしまえば良くなるとわかっていたから「痛い痛い痛い痛い…」と転がりながら耐えました(笑)

嘔吐や下痢もウイルスを外に出すために必要らしいから、吐き気止めや下痢止めは飲まないほうがいいらしいよ〜。



わたしは、激しい頭痛とか関節痛とか、そういうのもほぼ無かったから本当に楽だったと思います。

でも、うっすら凝ってる感のあった背中や首も、びっくりするほどクリアになってて

これがインフルエンザ効果!?

って一人ニンマリしています(笑)



本当は、インフルエンザの予感→検査→その後のいろいろ、を書く予定だったけど…

長くなったのでその話はまた次回にしますね。


いいね!した人  |  リブログ(0)