為替レートは変動する

テーマ:
為替レートは変動します(変動相場制)。


昨日は米ドル円の為替レートが110円だったのに、今日は109円になっているという具合です。


何らかの理由で米ドルよりも円を欲しがる人が多くなれば、円高になります。その逆ならば円安になります。


そして、この変動を上手に利用すれば、利益を出すことができます。


(1)1米ドル=100円のときに1米ドル買いました(100円支払いました)。


(2)その後、1米ドル=110円で米ドルを売りました(110円もらいました)。


こうすれば、100円支払って110円もらっていますので、10円儲かります。


このように、異なった二つの通貨の交換により、為替レートの変動で生じる利益のことを「為替差益」といいます。その逆に、為替レートの変動によって生じる損失のことを「為替損失」といいます。


例に挙げた米ドル円の通貨交換では10円の利益ですが、実際には、もっと大きなお金をやり取りしますので、損益もそれに合わせて大きくなります。


以上のように、為替レートの変動で利益を狙う取引がFX(外国為替証拠金取引)です。


すなわち、為替レートが動かない場合には、価格変化で利益を狙うことができません。


FXでトレードできる通貨は、大なり小なり為替変動があるということになります。


なお、変動相場制の対義語は「固定相場制」です。固定相場制を採用している場合、為替レートは変動しません。