ピンチのときにどういう態度、振舞いに変わるのか。
そこで見えるのがそいつの本性ですよ。
調子が良いときは誰でも良い人になれます。

さあ、
子供みたいに喚いて八つ当たりしたりするのが増える時期です。笑
酒癖が悪いのを酒のせいにする奴は、
チンカス野郎です。

性根の悪いのが酒で引き出されるのであって、
酒が悪いのではない。

「酒のんだら仕方がないっすよー」
なんて奴は、酒屋に謝れ。

嫌われものには大きく分けて2種類いる。

誰にも興味持たず、わが道を楽しむタイプと、

嫌われものなのに改善することなく人の輪の中に居たがるタイプ。

 

私は後者が大嫌いだ。

 

呼ばれもしない飲み会に真っ先に参加表明してみたり、

自分が嫌われてる自覚もナシに輪の中心だと錯覚して騒いでいたり、

 

 

とにかく寂しく無様なのだ。

知り合いに不思議なことを言う人がいた。

飲み会の二次会に参加しないのはオカシイ的なことを言うのですが、

 

違うんです。

 

みんなその彼と飲みたくないから参加しないのです。

 

自分を客観視する事のできぬ者は、

いつまでたっても身の程知らずで恥ずかしい発言を繰り返すものです。

 

昨日、骨董屋で仲間数名で話してたら、
通りがかりの爺さんが絵を見て質問してきたのですが、
答えが気に入らないらしく、
「商売なんだから、誰の作で、いつのものかぐらいちゃんと答えてくれないとさ!」というような面倒臭い話をはじめて、
また来週来るから!と帰っていった。

 

寂しいのだ。

 

私の田舎にもSNSで後輩のコメント欄で自己主張繰り返して恥かいてる人もいる。

先日ニュースになったリサイクル屋でゴネて店員を泣かす元警察の人もそう。

 

どうやってコミュニケーションを取れば良いのか分からなくなっている人、

嫌われて(で)もいいから人と会話したい人。

嫌われるのが分かっているけれど、絡むことでしか相手にしてもらえない、

他に会話の手段を知らない人って、結構まわりに多いですよね。

 

そんなんだから友達も出来ないのだけれど、いまさら素直になれないのだろうし、

 

嫌われてる自分、それも個性でカッコいいと思い込んで40代を突き抜けると、
こんな爺さんになるのかもしれない。と思った。

 

私は嫌だ。

 

認知症なのか、地頭が悪いのか、その両方なのかは分からないが、
自分の言ったことを数時間後には忘れてしまう人がいるので、
録音アプリをインストールしています。


先日、古い仲間と飲んだ。

20ぐらいからの付き合いなので25,6年経つのだなあ。

 

私と真ん中のテレビの人以外はみんな偏差値高めの北大卒。

みんな社会のピラミッドの上の方で生きています。

 

会話がとてもラクなのですよ。

「なんで?」

「どうして?」

 

なんて無駄な言葉がない。

 

「うんうん、そうだね、そういう考え方もあるね。」

重なる言葉にまったく無駄がないのです。

会話って、こうあるべきだと思った。

5時間ぐらい遊んでいてもストレスがなく居心地がいいです。

教養ってのは、やっぱり大切なんだとしみじみ思う酒でありました。

 

人生、いくつになっても勉強しなきゃだめですね。

 

人ってのは、やったことしか評価されないのです。

日頃、なんにもせずに楽して生きて威張り散らしても、誰も見向きもしないのです。

おべんちゃらで立ち回っても、調子のいいヤツぐらいにしか思われないし、そういう類しか集まらないのです。

それを仲間とは言いません。

影で、

「なんにもやらない、掃除ばっかりしてる」

「さっき言ったことと、また違う」

「我儘すぎるんだって」

なんて言われてることも知らずに踊っているのを見ているのも哀れなのです。

 

自分の給料、賞与、

見合っているのか、常に考えるべきなんです。

そうしないと、年功序列なんて古い仕組みの中では、

ただ意固地で我儘で仕事ができない「いるだけで迷惑な人」になります。

どんどん老害と化すのです。

 

スネた年寄りが高額で働くなんて、

本当に迷惑極まりないのです。

 

ちゃんと自分を反省して生き方を変えていかなければ、

取り返しのつかない事態になりますよ。

 

わかりやすい「暴力」を使えば、

若者には時間があるからやり直せます。

では老人は?

 

年寄りは謙虚に素直が肝心です。

 

自分の給料に恥じないぐらいに仕事をする。
それだけだ。

できないなら減俸を願うか、
目障りだから辞めること。