まごころ・ふれあい農園さん訪問♪(種のセミナー編 2) | エカロンの美味しい有機野菜

エカロンの美味しい有機野菜

自然食エカロンでは、農薬や化学肥料を一切使わずに栽培した
とても美味しい有機野菜を販売しております。

毎週土曜日、有楽町の交通会館マルシェに出店していますので、
是非お出かけ下さいませ。
皆様のお越しをお待ちしております♪

 

こんばんは。

自然食エカロンの淡島亜紀子です。*花*

 

 

 

 

 

毎日寒いですね~~~!キャッ☆

 

 

 

 

 

うちには石油ストーブがあるので、

マルシェで買った安納芋で焼き芋を楽しんでいます。ラブ

毎年、冬のお楽しみなのです☆

 

 

 

 

 

交通会館マルシェの一番端のブース(螺旋階段の入り口あたり)

に出店されている「夢百笑」さんで、

冬になると毎週のように安納芋を買っています。(笑)

 

 

 

 

 

「そんなに食べると太るぞ!」

と、夢百笑さんから、からかわれていますが、

気にせずにバクバク食べています。てへぺろ

 

 

 

 

 

さて、今日は、まごころふれあい農園さん訪問ブログの最終回です。

前回書いた「種のセミナー編 1」の続きになりますので、

是非こちらから先にお読みくださいね。ハート

 


 

 

 

 

 

「有機農家になる!!」

と決めて、会社に辞表を提出した久保田さんでしたが、

会社が優秀な人材をすんなり手放すわけもなく、

やはり引き止められたそうです。

 

 

 

 

 

しかし久保田さんの思いが変わることはなく、

3~4か月かけて引継ぎを終わらせて退社し、

有機農家さんとして新しいスタート地点に立ったそうです。

 

 

 

 

 

ところが!!

無農薬で野菜作りを始めた途端、

誰も口をきいてくれなくなり、村八分に・・・。涙

 

 

 

 

 

悪い宗教に入ったんじゃないか?

と言われるようになってしまったそうです。えーん

 

 

 

 

 

実はこれ、久保田さんだけでなく、

他の農家さんも同じなのです。

 

 

 

 

 

ポテンシャルの奥田社長も、約23年前に土地を借りて

無農薬で野菜作りを始めたところ、

昔から住んでいる地元の方たちから

「お前達はオウムか!?」

「この村に何しに来たんだ!」

とまで言われたそうです。ガーン

 

 

 

 

 

当時は何十人という研修生がいたそうですので、

変な風に誤解されてしまったようです。

 

 

 

 

 

村の会合で、村人たちから詰め寄られ、

 

いやいや、待ってくれ。

戦後になって農薬や化学肥料を使う農業が一般的になったけど、

戦前は無農薬が当たり前だったんじゃないか!

 

それなのに、無農薬で作っているだけで

どうしてオウムだと言われなきゃいけないのか・・・。

 

 

 

 

 

と説明したそうですが、なかなか理解してもらえなかったそうです。

今では周りの方たちも応援して下さっていますけどね。照れ

 

 

 

 

 

そうやって、有機栽培の先駆者の方達は

今の時代では信じられないような目に遭ってきたのです。

それでも無農薬で作ることを止めずに、貫き通してきたのですから、

その意志の強さに本当に頭が下がります。

 

 

 

 

 

まごころ・ふれあい農園さんの畑は、

標高360m~800mと、いくつかの場所に分かれているので、

多品目でその土地に合うものを作ることにしたそうです。

 

 

 

 

 

最初のうちは、虫食いだらけだったそうですが、

前の年の失敗を生かして改善し、

収入も少しずつ上がっていったそうです。

 

 

 

 

 

味噌も醤油も作っているので、

塩だけ買えば生きていけるんですよ。

お金がかからない生活をしています。

 

 

 

 

 

と、久保田さん。

「そんな豊かな生活が羨ましいきらきら!!」と思いながら、

お話を聞いていました。

 

 

 

 

 

まごころ・ふれあい農園さんのお味噌、

それはそれは美味しいのです。ラブ

なんといっても、原料が違いますからね!

 

 

 

 

 

久保田さんの畑で採れた無農薬の大豆で作っている

味噌と醤油なのです。

 

 

 

 

 

何度かいただいたことがありますが、

市販のものとは全然味が違います。

そして食べている時に、とっても幸せな気分になるのです。きらきら!!

 

 

 

 

 

まごころ・ふれあい農園さんでは

年間300種類の野菜を作っているんですよ。お~

 

 

 

 

 

もともと種取りの専門家ですから、全ての野菜ではありませんが、

自家採取しているお野菜もたくさんあります。

 

 

 

 

 

自家採取した種の方が明らかに劣っている場合は、

F1の種を使っているそうです。

 

 

 

 

 

F1の種については、前回のブログにも少し書きましたが、

メンデルの法則で、1代目は両親のいいところを持って

生まれるそうです。

 

 

 

 

 

■メスのかぼちゃ・・・美味しい

■オスのかぼちゃ・・・病気に強い

 

 

 

 

 

この2つをかけあわせると、

美味しくて病気に強いかぼちゃが出来るのですって。

(遺伝子組み換えは全く違う話ですので、混同しないで下さいね!)

 

 

 

 

 

ただ、1代目は両親のいいところを持って生まれますが、

そこから種取りして2代目を作ると、同じにはならないそうです。

 

 

 

 

 

今回の久保田さんのお話の中で

一番印象に残ったお話があります。

 

 

 

 

 

それは何かというと、家庭菜園時代に

植物の意思を知ってしまった

というお話です。

 

 

 

 

 

①私を美味しく食べてほしい

②あなた達を健康にしたい

③もしそれが叶わないなら、土に返してほしい

④健康に育った時だけ、種を繋いでほしい

 

 

 

 

 

だから、野菜が虫に食べられるのは、

植物の意思なんです。

 

会社員時代も、夜中の3:00とかにヘッドライトをつけて

畑に出ていたので、農家になったら一日中やっていていいんだ!

と嬉しかったですね

 

種苗会社で種取りをしていた頃は、

種を残すという意思を全うさせてあげていることに

誇りを持っていたんです。

 

でも、そんなことはないという情報が

一気にどかどか入ってきて、(上に書いた①~④のこと)

それが植物の声なのか、なんなのかは分からないけど、

その時から切り替わりました。

 

仕事で農家さんに農薬や化学肥料の使い方の

指導をするのが本当に嫌になってしまった。

とても苦しかったですね。

 

 

 

 

 

と、話して下さいました。

 

 

 

 

 

公民館でのセミナーの後は、

まごころ・ふれあい農園さんの畑に移動して、

実際にミニトマトの種取りの方法を教えていただきました。

 

 

 

 

{D9EEB3BE-B74D-4A30-BB66-80C214FF4E50}
 
 
 

 

{6BFEC209-3DF6-47B8-A7CB-75970BDBD6C8}

 

 
 
 

 

{B98D59E6-B999-46EA-A314-518C5DA924AA}

 

真剣にメモを取っている方も
たくさんいらっしゃいましたよ。ニコニコ
 
 

 

 

 

{A7C2A940-CE1C-464D-B797-094BD15836F5}

 

これがミニトマトの種です。
 
 
 
 

 

{BAE775FB-AC23-4B21-8DAE-BEEBBE6CBA5C}

 

久保田さんの周りに虹色の光が・・・。キラキラ☆
 
 
 
 
 
{08EC57B3-0DC1-4E2E-8F27-D5B28F332ADC}
 
 
 
 
{512E96A2-E940-4C5B-BB20-C465B1F640FF}
 
 
 
種取りの方法を教えていただいた後は、
セロリや白菜の畑に移動。
 
 

 

{8A9AE252-FE2C-4846-A358-6232D87236F3}

 

 
 
 
採れたての新鮮なお野菜を
その場で食べさせて下さいました!おんぷ
 
とても甘みがあって美味しいお野菜なので
参加者の皆様も驚いていましたよ。お~
 
 

 

{A444E687-AAAE-439A-80A4-82FA9D171169}

 

 
 
翌日は交通会館マルシェがあるので、
最後まではいられなかったのですが、
とても充実したセミナーでした。
 
 

 

{2BBC0284-EA97-4A80-A540-6E68B185C871}

 

 
 
 
 
 
お昼は、「野菜のカネマツ」さんが
とっても美味しいお弁当を用意して下さっていました。音符

 

 

{062BA5FF-19C9-4BA8-81C6-09ACBBFD1944}

 

 
 
1つ1つ丁寧に作られたお弁当。
お品書きを読みながら、美味しくいただきました。ラブ
 
 

 

{D76C7F7E-89D4-4035-9727-D90BA11CE399}

 

 

 

 

 

今回のまごころ・ふれあい農園さん訪問は、

1泊2日でお邪魔させていただきましたが、

畑仕事のお手伝いや、種のセミナーのお話など

とても濃い2日間でした。照れ

 

 

 

 

 

「無農薬・、無化学肥料」というだけでなく、

どのような方が、どのような思いで作っているか、

そこがとても重要だと思うのですよね。

 

 

 

 

 

農家さん訪問の様子は、

これからも皆様にお伝えしていきたいと思っています。キラキラ☆

 

 

 

 

 

お野菜を自分の子供のように

大事に育てている久保田さん。ハート

愛情こめて作っているから、美味しいお野菜に育つのでしょうね。

 

 

 

 

 

今週土日のマルシェにもたくさん入荷になりますので、

楽しみにしていてくださいね。ラブ

 

 

 

 

 

※ブログランキングに参加しています。