痩せたいと思ったら、食事制限をすると
比較的簡単に体重を落とすことが出来ます。

 

でも

胸を大きくするのは、一筋縄ではいきません。



バスト=脂肪

 

なので脂肪をつければいいのでしょうが、
 

 

違うところばかりについてしまった。


という経験はないでしょうか。



では、どうすればいい?



ジムで筋トレをしながらプロテインを飲む

マッチョな男性

は胸の筋トレをすることによって
ある意味【ハリのあるバスト】を作っています(笑)



では女性でも

胸筋を鍛えればバストアップは
可能ということになります。




 

 

その中でも効果的なトレーニングを
3回に渡ってご紹介します。


 

 

第1回目の今日は


姿勢矯正についてです。



今回鍛える場所は




肩、肩甲骨周りです。



筋トレというよりはストレッチ


まずはストレッチで猫背を解消することが大切です。


猫背は育乳のために必要な土台となる胸筋が収縮されてしまい、
育とうにもキャパがが狭くて育てない状態になっています。

 

 

 



つまり猫背はバストアップの邪魔をするだけでなく、
より一層の小胸を招いているのです・・・


ではどんなトレーニングをすればいいのでしょうか?



①両手を肩の高さに横に伸ばす

胸を張りながら肩甲骨同士をくっつけるように肘を後ろに引く(息は吸いながら)

背中を丸めながら
手のひらを外側を通しながら前に持ってきて正面で手の甲をくっつける(息を吐きながら)


②と③を呼吸にあわせて10回ぐらい繰り返します。

 


 
 
これでしっかり肩甲骨周りが動いているのがわかります。

 

 

他には、

 

両手を肩に置いて、肘を前後に回すストレッチも効きます。

 

 

普段あまり動かさない筋肉なので、
ストレッチをすることで収縮していた胸の筋肉が開き、
胸が育つために必要なキャパを作ることが出来るのです。


明日は、2つ目のトレーニングをお伝えしますね。

AD