どうも、僕です。

 

 

 

むねをさん、こんばんは
ライン登録させていただきました、●●と申します。
今ちょっと苦しくて、メッセージさせていただいています。
私は、立派なB群であると思うのですが、私の母は私が中学三年生の時に、ガンで他界しました。
以前、ナリくんが、お母さんの墓前で伝えたかったことを話してみて、とブログで書いていらしたかと思うのですが、母親が他界している場合、むねをさんは向き合い方は、どのようにお考えですか?
アドバイスいただけたら幸いです。

ーーーーーーーーー

 

 

 

 

墓石の前で、

『地獄へ落ちろ!!!』

 

 

 

と、叫ぼう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんで、

毎週毎週通って、、

『どうだ地獄の景色はよぉ?( ゚∀゚)』

と話しかける。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(いま地獄も自粛中で、これといってなにもない。)

 

 

 

 

『おい!!ざけんなよ!!!地獄へ落ちろって言ってんだろ!!!!』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(いやいま地獄側も大変なんだって、、、)

 

 

 

 

 

 

『おい!!ざけんなよ!!!ババアいつもそうやって言い訳ばっかりしやがっててめぇっ!!!!』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、毎回周りの墓石の骨壷からクレームが入るくらいの、

大きな声で、母親と会話する。でしょうか。

 

 

 

(骨壷からクレーム。。笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず大前提として思うのが、

別に母親を許さなくてもいいぞヽ(・∀・)。

 

 

 

ていうか。

丸く収めようと最初から思ってる時点で許せてないし。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんというか、

まともな親に育てられた人と人生比べるのやめてほしい。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”まともな親に育てられた人”側に自分を立たせようとするのは、

まじで、辞めた方がいいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だってあなたの親はまともじゃなかったんだろ?

じゃあそれを認めてくれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「自分は不幸です」アピールをする人ほど、

日常生活では「自分は不幸じゃありません」アピールをしているのだと思うよ。ヽ(・∀・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、

病気と向き合うためには、

自分が病気であることを認めないことにはスタートできない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「自分は不幸です」

って言ってくる人ほど、

 

 

 

「自分は不幸じゃありません」

って頑張ってる。ヽ(・∀・)

 

 

 

と、ぼくは思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言い方を変えると、

周りの不幸そうな人みてめっちゃ「ダサっ」ってジャッジしてると思われる。

 

 

 

 

 

 

 

 

そうやって自分がまともっていう発想が、

墓前では手を合わせるものっていう常識的発想になり、

自分の感情を抑圧することになり、

毎日生きづらい、のだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まともじゃない母親に育てられたなら、

自分がまともじゃないのは普通だよ。

 

 

 

(誰も責めてない)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

墓前で、『地獄へ落ちろ!!!』

と大声で叫ぶくらいは普通だと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気が済むまで。怒ってくれ。

 

 

 

気が済むまで。悲しんでくれ。

 

 

 

あなたにはその資格があるのだろう。

 

 

 

(あなたのことは詳しくは知らないのでわからないが。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてもし、気が済んだら。

 

 

 

あなたと、母親は、別の人間だということを、

少しずつ理解していってほしい。

 

 

 

あなたの人生と、

母親の人生は、違うのだということを、

少しずつあなた自身が、体現していってほしいとおもう。

 

 

 

 

 

 

 

 

おわり。

 

 

 

 

 

 

次回配信用の相談受付中です

メルマガ読者だけのお悩みに答えてます

 

旬なお知らせはこちらから!

 

 

 

 

むねを