ウクライナ国際空港の飛行機がイランのテヘラン空港離陸直後に墜落した問題で、カナダのトルドー首相はいち早くイラン軍が撃墜したと記者会見し、アメリカもイギリスもイラン側の行為と述べ、イランは否定していたが今日午後、イランが認めた。

 米国とイランの緊張関係の中での出来事で、何の罪もない全く無関係の63人のカナダ人を含め乗客乗員176人が何ともかわいそうである。

 このような不幸な事が二度と起きない事を願いたい。

 国交省は昨日、昨年の訪日客は3188万人だったと発表している。7年連続で最多となっているが、2018年の3119万人から伸び率は一桁で韓国人客が減っている事が一つの要因だという。

 2020年は4000万人を目標としていたが、達成できるかどうか、日本経済にも影響することなので、注目していきたい。

 11時30分、札幌で大変お世話になっている北海道を代表する道興企業体の新年交礼会に、いつも通りご案内を戴き挨拶の機会を得る。

 中田イズムとも言うべき代々社長さんの「心」を受け継ぎ、社員一人一人の礼儀作法がしっかりしている事にいつも感心させられる。

 どの社会も要(かなめ)は「人」である。トップの「考え、思い、魂、精神」を真摯に受け止め、邁進する道興グループの社員の皆さん姿にいつも教えられるものである。

 着実に発展する企業の模範と思うものである。

 夕方帰京し、アフリカ出張に出るので旅支度をする。


道興企業体の新年交礼会