G20(20カ国地域)国会議長会議が東京で昨日から行われているが、9時半、ロシア側代表団の一員として来日しているコンスタンチン・コサチョフロシア連邦院国際問題委員長(日本で外務・防衛委員長にあたる)が私を表敬してくれた。
 旧知の中でもあり、コサチョフ氏はロシア連邦院で重きをなしており、時にはプーチン大統領、ラブロフ外相のスポークスマンでもあり、統一ロシアの重鎮である。
 私が安倍政権の安定性と強いリーダーシップ、安倍総理ほど日露関係の重要性を判っているリーダーはいない旨説明した。
 コサチョフ委員長も「プーチン、安倍総理の信頼関係の中で露日関係のダイナミックな進展があると応じられた」。
 さらにコサチョフ氏から鈴木貴子代議士にも宜しく伝えてほしいと言われ、側にいたガルージン大使に2人目の子供が誕生したことを伝えると大変喜んで下さった。人間関係に感謝するものである。
 夕方、沖縄の玉城デニー知事が陳情で私の部屋を訪ねてくれた。
 首里城焼失のお見舞いを申し上げ、菅官房長官が一早く再建に向け全面的協力を記者会見で述べられたことをお互い高く評価した。
私と沖縄とのかかわりについても話に花が咲いた。首里城復元に向け、声を出して参りたい。

コンスタンチン・コサチョフロシア連邦院国際問題委員長と




※沖縄県 玉城デニー知事と