8月9日(金) | 鈴木宗男オフィシャルブログ「花に水 人に心」Powered by Ameba

8月9日(金)

 産経新聞5面に「公明 歳費10%削減難航 参院選で公約 自民消極的」という見出し記事がある。
 公明党は10%削減に前向きだが、自民党の理解を得るのに苦労しているようだ。
この金額を全国会議員で割ると、一人当たり4500万円になる。これだけの税金を戴きながら、さらに領収書のいらない文書通信交通滞在費を月100万円、立法事務費月65万円をもらっている。
このような特権的待遇を受け、しかも税金のかからない企業献金、個人献金、セミナー、パーティー収入もある。 
日本維新の会は、歳費の3割カットを訴えている。現在国会議員は、国民の税金から320億円政党助成金を戴いている(共産党は受け取っていない)。
今まさに日本維新の会が主張する「身を切る改革」が必要である。
10月から消費税が10%になる。国民に負担を求めるなら先ずは法律を作った国会議員自らが甘えの構造ではなく、自ら身を削り、血を流す決意と覚悟が必要ではないか。
読者の皆さんはいかがお受け止めだろうか。


※本日22時~23時、BS日テレ「深層NEWS」に生出演します。テーマは「進まぬ北方領土問題 交渉進展の糸口は?」です。
是非、ご覧になって下さい。