1月29日(水)ムネオ日記 | 鈴木宗男オフィシャルブログ「花に水 人に心」Powered by Ameba
2014-01-29 17:41:25

1月29日(水)ムネオ日記

テーマ:ムネオ日記
 今日も新聞各紙に籾もみ井いNHK会長のことが載っている。各紙の見出しを紹介したい。
 産経新聞は3面で「NHK経営委 籾井会長を注意『トップの立場 軽んじた』」
 読売新聞は2面で「籾井NHK会長 謝罪 慰安婦発言経営委で」
 東京新聞は3面で「NHK会長に注意 慰安婦発言 経営委、進退議論なし」となっている。
 毎日新聞は1面で「籾井会長に厳重注意 NHK経営委進退は議論せず」更に3面クローズアップ2014に「NHK会長 注意どまり 経営委に任命責任 見識疑う声も 政治に迎合する懸念」と3面の約半分のスペースをさき論評している。
 朝日新聞は2面で時時刻刻で「経営委 進退は問わず『政治的中立、信頼揺らぐ』 批判が1800件 政権内辞任論しぼむ」と約2面の3分の2のスペースを使っている。
 見出しを見てもわかる通り、それぞれ温度差がある。その差で権力側との立ち位置が読み取れる。
 目は口ほどにものを言うと言われるが、活字も同じである。読者の皆さんも是非とも頭に入れてほしいものだ。
 これだけ連日騒がれながら籾井NHK会長が表面きって正式に国民に対する説明責任がないのはどういうことか。人間性が問われるのではないか。
 国民から選ばれた国会議員の同意によってNHK経営委員は決まる。その経営委員がNHK会長を決めるのである。何よりも国民に対してきちんと説明責任を果たすべきでないか。
 昨日「飾り窓」について触れたが、多くの人から「鈴木さん、わかりやすいですね。籾井NHK会長の不遜な態度を見ていると『飾り窓』をよく知っているのではないでしょうか」と言った声が寄せられた。
 「慰安婦問題」と「飾り窓」は全く次元の違う話である。一緒にするのは頭に虫が入っているのと同じだ。籾井NHK会長は一日も早く国民への説明責任を果たすべきである。それがない限り話題として取り上げられる。
 反省やお詫びは恥ずかしいことではない。嘘を言ったり、すり替えたり、言い訳をする方が恥ずかしい行為である。
 人としての籾井NHK会長の話を待ちたい。

鈴木宗男さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース