心屋カウンセラー、愛され妻のまみーです

このブログにきてくださってありがとうございます



1424072264168.jpg




2年くらい前のことです。


初対面の女性から言われたひとことがありました。



「ご主人に愛されてるんですね」



夫のこともまったく知らない女性から、そう言われました。




衝撃でした。



夫から「愛されてる」なんてこと、これっぽっちも思ったことがなかったから。



私も夫を「愛している」とは言いきれないのを自覚していました。



再婚して約8年間、気持ちが休まることがありませんでした。


夫が出かけると、ほっとする自分がいました。


8年前は、DVやモラハラに関する情報をもとめてネットをさまようこともありました。


恐ろしくて家から逃げ出したこともありました。



いつも夫が突然ブチ切れるたびに、大喧嘩になりました。


そんな夫の顔色をうかがって、怒らせないように気をつかっているようなそんな生活。


ちょっと気を抜くと、すぐに何か文句をつけられるような感じの毎日。


そんな日々で、なぜ愛し愛されているなんて思えるでしょうか。




あの日、初対面の彼女から


「愛されてるんですね」


はにかんだような笑顔でいわれたとき、



「えっ?!愛されてるの?私が?」



と、ほんとうに驚いたのです。



夫のことを心から好きだと、どうしても思えない。


突然ぶちきれて、暴言をどなり散らす夫から「愛されてる」なんてなぜ思えようか?


当時の私はそう思いました。




でもやっぱり、彼女の言葉はずっと頭から離れずに、グルグルとまわっていたのです。



愛されてる?


愛されてる?


愛されてる?





この私が


あの夫から愛されてると


彼女は言った。




どういうことだろう?


見ず知らずの、私のことなど何にも知らない彼女がそう言ったからこそ


その言葉は


私のなかに、グサリと入り込んだようでした。



いま思えば、


愛されたいと心のどこかで望んでいたから


ほんとうは夫婦として愛し合いたいと


心の奥で望んでいたから


私はその言葉に立ち止まったのだと


思うのです。





もしかしたら


私は


愛されてるのだろうか?






そして、


ほんのちょっとだけ


「愛されてるのかもしれない」


と思ってみようかな…


と、そう思ったのです。



それからは少しづつではあるけれど


もちろん、とうていそう思えないこともあったけど


「私は愛されてる」という気持ちになって、

起こったできごとを捉えてみるようにしていきました。



そうすると、


今までは「×」だと認識していた事柄が

まったく反対の事柄「○」になってくる、ということを実感していったのです。



たとえば、ある日のこと


出かけようとする私に、いきなり夫はすごい剣幕で怒鳴りはじめました。

私としては、夫に怒鳴られる理由がさっぱりわかりませんでした。

ついさっきまで機嫌はよかったはずなのに。



今までの私なら、怒鳴れたということに腹を立て

夫に言いたいことを言い返すとますます逆上するので、

ぐっと我慢して、かなりお腹の中にストレスをためていました。

腹がたってしょうがないものの、どうすることもできず、ますます夫のことを怨み嫌いになっていました。



けれど「愛されてる」と思って考えてみると

夫のあの行動は、私を過剰に心配するあまりに

そんな感情をあんなふうにしか表現できないのだな、

と思えるようになったのです。



そして、そう思うと、あんなに怒鳴ることはないのにと思うものの、


まあしょうがないなあ、私のことを想っていてくれるからこそなのだからと思って、さほど腹もたたないし


そんな夫がいとおしくもなってきたりしてきたのです。




人は「愛されてる」ということにして、考えるようになると

同じ怒鳴られるという行為でも

まったく違った捉え方になるんだと

我ながら驚きました。




つまり、そういうことが


「愛されてる」という前提で、


物事をみていくということ

なのだなと思ったわけです。





「夫から愛されている」


「お母さんから愛されている」


「お父さんから愛されている」


ということにして、自分に起こった出来事をみていくと

意外に自分が思っていたこととは、

まるで違っているのでは?と

気づくことができるかもしれない。



けれど、なかなか自分のことは自分でわからないんですよね。


だからこそ、自分以外の人からの言葉って、すごくありがたいと思ったのです。


私にとって、あのときの彼女の言葉は

ほんとうに大きな大きな気づきを呼び起こす

魔法の言葉だったのです。



当時は心屋仁之助さんのことも知らなかったし、

まさか心屋ジェニーさんの福岡マスターへ行くなんて思ってもなかったのですが

ご縁をさせてもっらたからこそ

今やっと、ああそういうことだったんだなあと思えるのだと感じます。



私は自分が経験したことを、心屋塾で学んだことを生かして

いろんな方々へお伝えしていけるといいなあと

悩んでるあなたが、なにかを気づくお手伝いをさせていただけるといいなあと

そう思っています


 ・スカイプカウンセリング・対面カウンセリングやってます。

   カウンセリングのご案内・お申し込みはこちらから




今日も最後まで読んでくださってありがとうございます





にほんブログ村



ペタしてね読者登録してね