こんにちは(#^.^#)

 

最近、鍋やシチューなど温かい料理を作る事が多くなってきた

あきです( *´艸`)

 

今晩の夕食はなににしょっかなー♪と考えるのも

楽しみの一つになってきました(^^♪

 

 

さて今回は、うつ病に間違われやすい双極性障害という

精神疾患の特徴についてお伝えしたいと思います!

 

気分の落ち込みが目立つ・・・

これってもしかして

うつ病??

 

実は、うつ病と、双極性障害はとても

症状が紛らわしくて、お医者さんでも診断を誤る事があるんです(+o+)

 

しかも、本当は双極性障害なのに、うつ病と診断されると

双極性障害が悪化してしまう可能性も・・・

 

それって怖くないですか?(>_<)

 

そのため、診断時には自分の正しい情報を

しっかりと伝えることが必要となってきます!!

 

躁うつ病の特徴をまとめましたので参考にしてください

 

 

 

疲れを感じにくく、落ち着きがない

 

 

双極性障害の特徴としては、躁状態がある事です。

 

躁状態とは、ごく少ない睡眠で

日中動き回っても疲れを感じにくい状態の事です。

 

次々にアイデアが湧いてくる

 

話がまとまらない

 

高価な商品の購入(不動産売買、高級品

またクレジットカードを使用した乱買)が目立つ

 

攻撃的になって周囲の人と衝突する

 

 

衣装や化粧が派手になる

 

高揚した気分が続く

 

仕事を消化しきれないほど引き受けてしまう

 

落ち着きがない

 

気分がすぐに変わる

 

衝動的で身の危険を省みない

 

よく考えずに行動する

 

早口

 

など心当たりはありませんか?

 

本人に自覚がないことが特徴で、むしろ調子がいいと

思ってしまいがちなので注意が必要です(/_;)

 

 

うつ状態と躁状態を繰り返す

 

 

うつ状態とは

 

以前興味があったことも楽しく感じることが出来ない

 

疲れやすく、休んでも疲れが取れない

 

動作がゆっくりとなる

 

自分を責めてしまう

 

生きてても仕方ない

 

自殺したいと考えるようになる

 

などが1日中、2週間以上、毎日出てきていることが確認され

医師の診断のうえ、うつ状態と診断します。

 

このうつ状態と躁状態が交互に繰り返す精神疾患を

双極性障害と呼びます。

 

 

 

まずは、

精神科や心療内科の

受診から!

 

 

気分の落ち込みが続いている方は、精神科や心療内科などの

医療機関の受診をお勧めします。

 

私は精神科の看護師として病棟勤務経験がありますが、

あなたの心の状態を診断できるのはお医者さんだけです。

 

ですので、もしかしたら、発達障害や他の病気である可能性も

あるので、ここであなたは双極性障害です!

 

とはっきり言うことはできないのです。

 

あなたの気分の落ち込みを出来るだけ早く解決するためにも

医療機関の受診をお勧めしております。

 

 

地獄のような辛さから抜け出すと

 

違った景色がみえること忘れないでください

 

 

私も、双極性障害と診断され、闘病を経験したから

 

分かる気がするんですが・・・

 

本当に、双極性障害は辛いですよね(´;ω;`)

 

日本では、うつ病ほどあまり知られていない

病気なので、理解してもらうにも

 

苦労しますよね・・・(^▽^;)

 

双極性障害の苦しさが分かったからこそ

同じ病気の辛さが分かる気がします。

 

私でよかったら

あなたの辛い気持ち吐き出してください💦💦

 

誰にも分かってもらえない辛さをお持ちの方

一人で辛い気持ちを抱え込んでしまっている方

しんどいけれど、どうすればいいか分からない方

 

お話しきかせてください(*^^*)

 

精神科病棟勤務経験のある看護師が

無料であなたのお話聞きます(*´▽`*)

 

詳しくはメッセージや

こころの休憩室のお問合せから

ご連絡ください(*^^*)

 

あなたの声、聴けるのを待ってます(*^▽^*)

 

こころの休憩室

https://murilyoudennwasoudann.com/

 

 

 

 

この記事が役に立ったと思った方は

応援してください(*^^*)

クリックお願いします↓


人気ブログランキング