日々これ台湾

恐れ入りますが、営業系の読者登録はご遠慮下さい。
台湾旅行や映画に関する話題を綴るつもりです。
たまに猫さんの事も。。。

NEW !
テーマ:
先日、アナザースカイの番組に出演していた行定勲監督に触れたが、、。
監督は、台湾映画に影響を受けていると話しており、候孝賢監督のことを心の師、人生の師と思っているようだ。
候孝賢監から、『他人の評価が全てではない。作りたい映画無心に撮ればいい。』と教えられたようだ。

「恋恋風塵」のロケ地でもある「十分」と「九份」を番組内で訪れていた。
「九份」は「非情城市」のロケ地としても有名。

「恋恋風塵」はまだ観たことがなかったので、中古のDVDを購入した。

1960年代、鉱山の村で育った幼馴染みの男女が中学を卒業後、台北に出て働き始める。
慣れない都会暮らし送る中で、お互い励まし合い、大切に思っていることが、画面から伝わってくる。二人には結ばれてほしいと応援して観ていたが、、、。

長いカットの中で、派手な演出はなく、静かなタッチで描かれている。
風景や、町の空、あらゆる物が、さりげなく意味を持ち、語りかけてくる。
この手の作品は、最近見掛けないので、新鮮な気持ちで観た。

撮影場所の十分や九份は今は全く違う雰囲気になってしまったが、平渓線のトンネルの風景は同じ。


恋恋風塵 -デジタルリマスター版- [DVD]/メイ・ファン

¥4,104
Amazon.co.jp

映画を観ていたら、、6月に九份を訪れた際に写した山が度々出ていた。映画は撮影時には建物はなかった。
{B2D4376C-CABA-47D5-9947-6029802D47D4:01}
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。