ベストな捕獲率について考える その4 スローの始点終点 | むぅの無課金ポケモンGO攻略ブログ

むぅの無課金ポケモンGO攻略ブログ

◎ミュウが実装!!
◎ラティアスが出現中!!


テーマ:


捕獲率、スロー編の最終記事になります。

どこで始まり、どこで離すの?
というところを記事にします。

あくまで自分の投げ方ですのでやりにくいと感じる方はやりやすい方法がベストです。

また、自分の投げ方はスマホケースなどにより変わるかもですので。

まず、滑りがあまり良くない方はリップクリームを指先に塗りましょう。

抜群に滑りが良くなります。


で、始点ですが、これはカイオーガの場合、画面角がよいです。そもそもカーブスローで投げる場合は角から投げないと真ん中に当てるのは難しいと思います。

なのでここはほとんどの方共通かと思います。

ここからが重要な終点の位置です。

この位置のとり方でほぼ全てが決まると思います。

自分は、カイオーガの場合、ヒレ?の部分を概ね離す位置にし、そこを画面の外までスワイプさせる感じでやっています。

{043182D6-5C19-4C0D-B9E7-F5D53C7803D3}

そうすると、いい感じに加速ができ、直線も作りやすく、終点の指が離れる位置も画面から指が出れば勝手に離れる為、すべてを一定にしやすいです。

毎回同じように投げる方法ができてしまえば、後は端末の大きさや、自分のスピードなどにより、
後は、届きにくいならヒレより少し上にする、上の方に当たるならヒレより下にする、で調整すればよくなります。

更に自分はちょうどそのあたりにスマホケースのラインがあるのでカイオーガが動いていてもケースの柄めがけてスワイプできます。

カイオーガ自体では狙いがブレるなら何かしら印をつけるのが良いかもしれません。

{1979044E-0698-4D57-8D2B-702C9BE254E9}

自分のケース、ゼロショックの場合、ここにちょうど目印が(*^_^*)


ただ、ケースによってはそもそも画面外にスワイプできねー!ってなりそうなので、
もし、同じような動作環境で、うまくいく方は是非是非試してみて貰えればと思います。

何より大事な事は、

毎回同じように投げられる方法をまず考える。

だと思います。

ただ投げやすいからとか、玉がたくさん飛んでくれるから、という投げ方では、なかなか安定しません。

自分が色々試してみて、この方法が一番同じ投げ方をしやすいと感じました。





むぅさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス