ベストな捕獲率について考える その2 捕獲率70% | むぅの無課金ポケモンGO攻略ブログ

むぅの無課金ポケモンGO攻略ブログ

◎ミュウが実装!!
◎ラティアスが出現中!!


テーマ:

結構前に書いた記事の続きとなります。

 

その1では、狙うジムとカーブスローの重要性について記事にしてますのでご参考にして頂ければと思います。


 

・ゲット率70%ラインを越えるには?

 

10球で70%ラインを超えるには、少し技術が必要となってきます。

そう、スローボーナスをもらう必要がでてきます。

 

ここで一つ、スローとサークルと確率の関係について書きます。

スローボーナスには、

Nice

Great

Excellent

とあり、あたらなかった場合は何も出ませんが、

実はこれはサークルの円での参考の表示で、実際はこの中で30段階以上に分けられています。

 

 

 

実際は100段階に分けられていて一番大きいサークルが100、小さいサークルが1として、

Nice 71~100

Great 31~70

Excellent 1~30

 

となります。

なので、円小さくしてExcellent狙いで、ちょこっと大きくてGreatだった、って場合、がっくりする事はありません。

実際にはそこの差は0.2%程度しか変わらないので。

 

1程度の大きさであればGreatとExcellentの捕獲率は0.1%しか変わっていません。

なので、無理にExcellentを狙う必要はありません。自分の当てれそうなサークルを作る事が大事になります。

結構左右にぶれてもこのくらいの円になら入るって場所を動画にとって見てみると割りとわかってきます。

左ばっかりいってる、とかいつも下に当たってるなー、とかそういう場合はそのばらつきを真ん中に意識しながら寄せてみましょう。

 

できればそれをGreatまで寄せられればベストです。

でも動画にとって意識するのは自分の癖がわかるので自分の下手さから逃げられない証拠として残りますので結構大事です。

自分もあっちこっちはずしてた時はとった動画みるのすごいつまらなかったですしw

でも割と癖って10球投げるだけでもでてるんですよね。

 

という事で、

金ずりカーブ+Greatスロー時のゲット率

 

ブーストなしでなんとか70%に届く計算になります。

 

後は、サークルを少しずつ小さくしていくだけですね!!

そして、Excellentまで小さくできれいれば、

 

 

8割超えも見えてきます!!

 

次回は、スローについての記事も書こうと思います。

むぅさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス