“Everything just happened really fast. I saw people airborne, then one landed beside the bushes while one flew by the other side of the bush. One man was lying on his stomach. They all appeared unconscious. A female Japanese really looked bad she was bleeding and her leg was twisted. She really, really looked bad,” Francisco said.

https://www.postguam.com/news/local/the-devil-told-me-to-do-it/article_04eb21b1-a0bc-53b6-964a-20b6b562be2e.html

 

 2013年2月12日夜、グアムの中心街・タモンで殺人事件が起こった。冒頭に示したのは、その裁判における目撃者の証言である。ここに書かれているのは歩道の人混みの中に車が飛び込んできた話であり、その勢いで数人がそのまま飛ばされてしまった。この突入で1人が殺され、6人が怪我を負った。

 

 この日の事件はこれで終わらなかった。運転手は車から降りてくると周りにいる人たちを刺し、更に2人が殺され、怪我人の数も増えた。グアムではこのような大きな事件はあまり起こらず、件の新聞記事のように、裁判過程においても大きな注目が集まった。それ以外にも、この事件が特異な理由がある。それはこの犯人が声を聞いていたことである。

 

 Guam Police Detective Officer Anthony Borja, who was the first to interview Chad Desoto after the Tumon tragedy, testified that DeSoto claimed he committed the crimes because he was promised by the devil “a day off in hell from eternal damnation” if he did.

https://pacificnewscenter.com/video-gpd-officer-testifies-de-soto-said-the-devil-told-him-to-do-it/

 

“He told me that he read somewhere that if a person were to commit a violent act such as the one he just completed, that person will be given a day off from hell’s eternal damnation,” Borja stated.

https://pacificnewscenter.com/video-gpd-officer-testifies-de-soto-said-the-devil-told-him-to-do-it/

 

 以上の引用は、この殺人事件における警察官の証言である。彼はこの犯人を最初に取り調べた刑事であり、犯人が最初から悪魔の声を聞いたと主張していたことを証言した。悪魔はこの犯人との間で一つの取引を持ちかけた。多くの人が死ぬような殺人事件を実行すると、永遠の地獄に落ちた後に一日だけ休息日を与えると。この実行犯はその約束と悪魔の指示に従って、車で歩道の中に飛び込み、その後に周りにいる人たちを刺した。

 

 この声の存在はこの殺人事件にとって重要である。と言うのも、声の指示こそがこの事件が起こった原因だからである。そして、問題はどうして声が聞こえたのかという点にある。脳内だけで声が聞こえる理由には様々あるが、この声は電波操作だったはずである。だからこそ、ここで採り上げ、もう少し詳細に亘って分析しようと思う。