以下は「対少子化政策の論点」第9章から抜粋。

 

 

子供を産み育て易い国か?

日本が子供を産み育て易い国だと認識されることは肝の一つなのかもしれない。日本より出生率が高い先進国は、基本的に、子供を産み育て易い国だと認識されている。それは社会保障制度の整備具合にかかっているようである。

ただ実際のところ、日本は社会保障制度がしっかりと組み立てられている。制度の存否には大きな問題はない。それよりも、その制度運用に際して一定の問題が存在している。いろいろな制度が存在しているものの、利用度が極めて低い制度もあり、それは制度設計の仕方に問題があり、制度が利用し難いからだと思われる。制度自体の存否ではなく、制度の利用し易さにもっと焦点を当て、制度を再調整する必要がある。

 

そして、それらの制度の利用し易さ及び利用状況は、最終的に子供を産み育て易い国かどうかに繋がるはずである。子供を産み育て易い国だと認識されることが直接的に出生を増やすわけではないが、その環境整備は出生率に大きな影響を与えると考えられる。