民主党が結成された当初、一部の政治家が参加を拒否された。それが排除の論理と呼ばれたもので、当時の新党さきがけのリーダーであった武村正義を排除するために取られた行動だと認識されている。

 

 これを冷静に振り返ってみると、排除されたのは武村だけではなく、社会党の幹部がことごとく参加拒否されていた。そして、そこには一定の明確なラインがあり、それが社青同のラインである。

 

 当時の社会党の社青同出身幹部は山花貞夫、横路孝弘、赤松広隆であり、彼らが主軸となり民主党に合流する。一方で、それより上位の幹部は全て切り離されており、本質的には排除の論理とは社青同のラインで切り分けることを意味していた。

 

 彼らの父親は社会党結党に参加し、後に国会議員になっただけでなく、全てが社会党の幹部であった。そして、彼らはプリンスとして社会党に遇されただけでなく、もちろん、社青同の活動にも参加していた。

 

 これが社会主義の1つの特徴であり、それは日本社会党だけでなく、世界のどのような社会主義組織に見られる。また、社会党にはもう1つの特徴があり、それがシニオリティである。社青同は1960年に創設されたが、社会党は1945年に結党されており、社青同のメンバーはその設立以前に社会党に属していたメンバーの影響を排除できない。

 

 子弟の問題にせよ、シニオリティの問題にせよ、基本的にはどんな組織にも見られ、自民党にも同様の傾向はあるが、それほど絶対的ではない。それに対して、特に社会党や共産党内部のシニオリティは恒久的であり、党幹部の序列が大きく変動しないため、社青同のメンバーは上の世代を抑えることがかなり難しかった。

 

 民主党結党に際して彼らは旧来の幹部の切り離しに成功し、それが排除の論理の本質である。

 

 社会党は頻繁に内部抗争を行っており、常に右派から極左までが主導権争いをしていたが、その現れの1つが排除の論理であり、現実的には武村切りと見せ掛けた社会党内部の権力闘争であった。

 

 この変化は重要であり、と言うのも社会党内部の左翼過激化していた分子はほとんどが社青同以降の世代だからである。そして、彼らは外部の公式に認定されている左翼過激派と繋がっており、それは社青同が1960年以降の過激運動の中心の1つだったからである。