警察組織内にはCIAアセットが確実にいる。世界の様々な公的組織の中にCIAのスパイがおり、日本の警察もその例外ではない。

 

 漆間巌はCIAアセットだとかなり昔からネットには頻繁に書かれているが、可能性はあると思うものの、自分にはその真偽は分からない。ただし、CIAアセットは警察内部に確実に存在し、それが誰だったかは大きな問題である。

 

 と言うのも、もし仮に漆間がCIAアセットであれば、それは深刻な問題である。彼は公安のトップである警備局長や警察庁長官を歴任しているだけでなく、彼は日本の行政職全般を職掌する官房副長官にも就いており、また、依然として警察行政や日本の社会に影響を与えている大物OBだからである。

 

 日本の公安や警察全体を考える上で重要な事実があり、それはこの電波工作技術が間違いなくCIAから導入されていることである。それだけでなく、この工作技術は時代と共に進化しており、警察独自でその開発ができないため、その技術革新も何年か遅れでCIAから日本に導入されているはずである。

 

 人間の脳に思考を送ったり人間の思考を読み取ったりするためには、工作員の脳が電波工作のインターフェースとして使われる。そのためにはネイティブスピーカーが必要であり、CIAが日本で工作を行うためにはどうしても日本人アセットが必要になる。あるいは、その協力を全面的に行う組織が必要であり、事実としては公安の裏工作機関はCIAと共同で電波工作を行っていた。

 

 CIAは警察内部のフィールドオフィサーを工作員にすることでも目的を達成できるが、実際のゼロの組織構造を考えると、公安畑のキャリア官僚をアセット化する方が圧倒的に効率的である。そのキャリアは必ずしも裏理事官経験者である必要はないが、裏工作ラインに属している官僚の必要がある。あるいは、アセット化した後に裏工作ラインに属することになった官僚のはずである。

 

 依然として、誰がCIAアセットかの確証は持てないが、今まで書いてきた人たちの中にCIAアセットはいるだろう。自分は裏工作に関わった警察官僚をもっと知っており、その大部分はここでは触れておらず、その何十人もCIAアセットの可能性はある。

 

 日本政府はこの問題を何とかして解消する必要がある。それは現状のCIAアセットを何とかするという意味でもあるが、同時に、キャリア官僚がCIAのアセット化工作に落ちないようにちゃんと保護し、また、彼らにCIAの工作能力を理解させる必要がある。

 

 そして、ここに更なる問題があり、CIAはここまで述べてきたような公安の左翼過激化に関わったのかという点である。実際に過去の例を考えると、中川昭一の酩酊事件はイタリアで起こっており、それは彼を狙ったのが日本の公安だけでなく、現地で工作を行ったスパイが属する機関であることを意味している。

 

 そして、その機関はほぼ間違いなくCIAである。

 

 この工作は日本を左翼化するために行われており、それはこの事件が民主党政権樹立をサポートするものであったからだけでなく、中川昭一自体が日本の左翼が嫌う代表的人物の1人だからである。つまり、公安の左翼過激派にはCIAが関わっている。

 

 問題はCIAがどれくらい積極的にこれらの工作に関わっていたかである。自分の知識ではそこまでの解明が行えず、日本のキャリア官僚のように表に出て証拠を残していれば調べようもあるが、CIAオフィサーは秘匿されているため、何をしているか調べようがない。逆に言うと、CIAがかなり組織的に日本の左翼化をサポートしていた可能性は十分にある。