この奄美以降もいろんな島に行き、ほとんどの島で工作活動が行われた。大きな島でも工作はほぼ隠せなかったが、小さな島になると工作は何一つ隠せなくなった。全ての工作活動は島民全てに共有されており、それが間違った警察の工作であれば、おそらく、微に細に亘って島民の間で何があったかが話される。

 

そのような環境では、警察が一部の人たちだけを徴用するのは不可能であった。また、探偵がお金払って工作をさせるにしても、彼らの要求通りになることは皆無だと思う。基本的に、島の人たちは納得した範囲内においてのみ警察や探偵の要求に協力していた。

 

ちなみに、CIAが直接的に工作を求めることは不可能だったと思う。探偵を通せば陰に隠れた形で工作を指揮できるが、探偵に対する島民の協力は警察に対する協力以上に望み難く、CIAは小さな島では様子見する以外に方法がなかったはずである。つまり、小さな島に行くと対象者の監視はできるが、彼らが工作を行うのはほぼ不可能であった。

 

島によっては一切の警察の介入を拒否するところもあった。あるいは、工作が行われていることを教えてくれる人が多数いた。はっきりと教えてくれる人もいれば、それとなく言う人もいたが、誰が工作者かは簡単に分かった。小さな島では警察の工作はほぼ無力であった。

 

とは言え、現実的には島の人の判断の方が正しく、間違った工作をしていたのは警察の方であった。警察庁から指示を出している幹部以外は警官ですら工作活動に徴用されているだけだが、島の人たちには警備局の幹部はどうでも良いくらい遠い人たちであり、そんな間違った価値観を否定できるほどの強さがまだ島には残っていた。

 

これが都会に行くとそういう結果にはならない。結局、いろんな人がいるため、工作に徴用できる人を見付けるのも大変ではない。特に、探偵はどこにいてもお金だけで利用でき、彼らは都会の方が人数は多い。逆に言うと、小さな島では指示通りに工作を行ってくれる人を見付けるのは極端に困難である。

 

日本全体でも警察の馬鹿げた工作協力要求を拒否する価値観を持った人は多数いるが、小さな島に行くと、その考え方がより支配的になる。また、小さな島では警察が一般的に利用する交通事故もマニピュレーションもガスライティングもドラッグも島民に対してはほぼ行えない。つまり、警察が物理的に脅して、工作活動に協力させることも簡単ではない環境にある。

 

 

ご一緒に、ご覧ください。

http://ameblo.jp/multifractal/entry-12207963381.html