日本の島嶼部に行くと工作活動は行い難いものの、それでも警察は工作をやっていた。最初は警官自身が工作活動を行っていたが、実際に警察しか工作ができる状況ではなかった。

 

島の大きさにもよるが、探偵が来てお金を配っても、小さな島では協力者を獲得するのが難しい。また、当時は冬だったせいもあり、それほど観光客がいなかった。つまり、探偵自身は工作を行えるが、彼らが実行すると彼らの行動は完全に露見してしまう。また、喋り方が全然違うために自分も含めて島外の人間は目立つ状況にあり、彼らはバレた後にどうなるか分からないので、自らで工作をするのを控えていた。

 

それは警察も同じで、必ずしも、警官も現地の人で構成されておらず、島外から赴任する人の方が多い。そうなると、警官自体も島の中で必ずしも信用されていない側面がある。少なくとも、そのような工作を行う際に警察の行動が正しいという前提は存在しない。

 

また、小さな島に行くと公安の職員がいない場合の方が多い。そのような場合、現地の警官に全ての事情を説明して、その人から島民の工作活動への協力を求めるのは難しく、そういう事情もあって、警察も島外から人を送り込み自ら工作を行っていた。

 

CIAにとっては、これはもっと大きな問題であった。日本の小さな島に行くと、CIAはほぼ単独で工作活動を行えない。情報収集はできるかもしれないが、工作を行えるほどの人数を島に送り込むとその時点で露見する。

 

特に、冬の奄美では外人はかなり目立つため、CIAエージェントはほぼ工作を行えない。もちろん、沖縄本島だけは別で、観光客も多く、そもそも外人も多いので、東京でオペレーションを行うと同じくらいのレベルでCIAはオペレーションを行える。

 

一方で、CIAアセットもローカルの人間はおらず、島外から連れてくるため、やはり目立ってしまう。実際にエージェントはいたが、ほぼ隠れようがなく、すぐに露見する。

 

それでは工作に限界が生じるため、何とかして現地の人を利用しようと画策していた。ただし、警察にせよ、探偵にせよ、どのような組織も強権的に現地の人を徴用できず、島の人が協力しても、納得できる範囲以上の工作には関わらなかった。結果として、どんな工作が行われているかの状況説明されることが頻繁にあり、島で工作を行うのは難しいだけでなく、事後的に工作自体が完全に露見していた。

 

 

ご一緒に、ご覧ください。

http://ameblo.jp/multifractal/entry-12195699703.html