諜報機関は対人工作の結果として、秘匿情報を得られるようになる。いろんな階層にいる対象者をアセットとして獲得することで通常は得られない情報を得られる。今では様々な方法が発展しているが、他国の情報を得るためにはこの方法が非常に重要であった。

 

この対人工作はテロリストやその他の犯罪組織にも適用される。そのような組織に浸透することによって次の犯罪の情報や組織内部の現況等、内部者でしか知り得ない情報を得られる。そのためにはアンダーカバーエージェントを潜らせることもあるかもしれないが、まずは組織の構成員をアセットとして獲得することを目指すだろう。

 

アセットから諜報機関への情報の流れは一方通行とは限らない。諜報機関から情報を流し対象を操作することもできる。それが他国であれば、アセットとした官僚を使って逆に情報を流し、他国の意思決定を自国の有利なように歪められる。また、それがテロ組織であれば、逆に情報を流すことによってテロ組織の活動を攪乱できる。

 

とは言え、諜報機関の活動は常に劣化する危険を抱えている。ローグエージェントが生み出され、彼らが自らの利益のために行動することは頻繁にある。自己目的のために工作活動を行うスパイが現われるのはほぼ必然であり、スパイ組織における普遍的な問題と言える。

 

この自己目的追求はその響き以上に危険であり、自己目的のための暗殺や政治的工作が含まれている。つまり、工作能力の高いスパイが自己目的に動き出すと、かなり大きな社会的問題になる。

 

一方で、諜報機関のアセットも独自に活動を行う。そもそも、アセットであるため独自の活動が存在するが、そのアセットの中には普通のスパイもおり、彼らは諜報機関のエージェント同じような技術を持っている。そのため、彼らの自己目的活動も大きな問題になる。

 

それだけでなく、彼らがアセットであるため、彼らの行動は黙認される場合が多い。つまり、彼らの独自行動が判明し、それが幾ら諜報機関やその国家に対して敵対的であったとしても、彼らがアセットとして重要であり、最終的にその状態を維持する必要があると結論づけられれば、彼らの行動は不問に付される。

 

この黙認はテロリストにも当てはまる。諜報機関はテロリストをアセットとして抱えているが、彼らはテロリストのままである。彼らは諜報機関のスパイではあるが、テロリストであるため、依然としてテロを実行する。また、そのテロの実行によって、彼らはテロ組織内で出世し、重要なポジションに就く可能性が高まる。

 

それを考慮すると、諜報機関はテロを黙認することになる。それは全てのテロを黙認するという意味ではなく、実際に起こったテロの中に諜報機関が黙認したために、大きな被害が出たものが存在するという意味である。結果として、諜報機関は選択的に被害を選んでいる。

 

このようなことが起こる背景には諜報機関の利害もある。彼らは自らの権力を維持するために、一定程度、社会が不安である方が好ましい。それが冷戦崩壊後の90年代にスパイが学んだことである。紛争がなくなれば、彼らの必要性は低下する。

 

そのために諜報機関がテロを作るということはほぼないと思うが、諜報機関がテロを黙認することは頻繁に起こる。それも意図的に黙認するため、その被害は選択的になる。とは言え、そのような選択はどのような観点からも正当化されないだろう。

 

また、大量殺人も含めて、大きな社会問題になる事件を引き起こすことはある。それはローグエージェントの結果である可能性が高いが、それでも単独で工作が行われることはほぼなく、組織的に対象者をマニピュレートし、犯罪を作り出す。このような工作を行うことでも、彼らの必要性は高まる。

 

諜報情報は、現代的には、アセットからだけ入手するわけではない。社会からも直接的に情報は入手できる。大規模な監視システムのような違法な方法もあれば、パブリック情報から情報を入手することもある。今ではインターネットの中にも多くの情報があり、その中にも重要情報が隠れている場合がある。その帰結として、結局、どのような情報を得るかというよりも、それらの情報をどうやって解析するかが重要になる。

 

そして、情報を社会から入手しているのであれば、その反対に社会に対して情報操作を行う工作もできる。例えば、インターネットから情報を得る作業をしている諜報員はどのようにインターネットを操作すれば良いかも熟知している。その知見を用いれば、社会を直接マニピュレートでできる。

 

そのような関係は違法な情報入手においても当てはまる。つまり、特定的に情報を操作することは可能である。PCを操作するだけでも対象者が目に触れる情報をコントロールでき、より秘匿的に、より選択的に情報をコントロールできる。

 

結局、諜報機関の情報取得は常に情報操作とセットであり、その先には対社会工作活動がある。そして、それもスパイの重要な方法論の1つである。

 

 

ご一緒に、ご覧ください。

http://ameblo.jp/multifractal/entry-12191430590.html