対象者の物理的抹殺を狙った結果として突然死が起こることもある。これは病死の一種であり、電波操作によって引き起こせる。

 

長期に病気に罹っており、そのために死んだ場合は突然死と分類されない。電波操作によって病死する場合は、電波によって病変が作られることがほとんどである。電波操作で幾つかの疾患が作られるのははっきりしており、その中には致死性の病気がある。

 

その病気は意図的に作られることもあり、また、電波工作の副産物として作られることもあるが、いずれにせよ、病気が重症化すると入院し、更に重篤化すると対象者が病死する。

 

それに対して、脳梗塞のように原因は明らかであるものの、電波照射の状況下で発作が起こる場合がある。この結果として死ねば突然死と分類されるが、基本的には脳梗塞による病死と分類される。

 

突然死の中でも心臓に起因する場合は状況が変わる。心臓は電波によって操作され、対象者は不整脈にも狭心症にもなる。その症状は電波操作が行われている瞬間にのみ現われ、電波は瞬間的に病気の症状を作り出すだけであって、恒常的な病気を作れない。

 

この電波工作によって発作を引き起こし死ぬ人たちがいる。彼らは心停止により突然死ぬが、その死が寝ている間に起こると、どのように引き起こされたかは分からない。つまり、突然死であり、それが心臓に起因するものであり、ただ、何故、その瞬間に死んだかは決して分からない。電波操作で突然死を引き起こす場合、脳梗塞か心臓疾患の発作がメインになる。

 

ここに1つの問題があり、電波で発作を引き起こす人は元々心臓疾患を患いやすい傾向のある人だけである。これは脳梗塞にも当てはまり、脳梗塞を患いやすい人でないと、電波操作によって脳梗塞にはならない。そのため、電波操作と自然死の区別は付けにくい。

 

とは言え、このような傾向を持っている場合は、若年者においても同様の反応が現われる。その場合、被害者はまだ本格的な症状を発症していない場合があり、その場合は突然死だけが現われる。そして、ほぼ原因不明の心停止として扱われることが多くなる。

 

このように、突然死の中には電波操作によって引き起こされるものがあり、それは明らかな病変として現われるのではなく、心臓疾患やあるいはその他の発作やショック死として現われる。物理的抹殺のためにこの工作が実行されることがあるが、他の工作のために電波操作を行い、その結果として、突然死んでしまうこともある。ただし、いずれにせよ、その工作者が殺したことには変わりない。

 

 

ご一緒に、ご覧ください。

http://ameblo.jp/multifractal/entry-12193420736.html