工作活動によって病死も導ける。古来から毒物を利用する暗殺は頻繁にあり、それは対象者を病死させる工作である。あるいは、対象者を社会的に抹殺するために毒物を与えて病気にしようと思ったものの、死んでしまうこともあるだろう。ただし、その場合においては、最初から物理的に抹殺することも念頭にあるはずである。

 

毒物を利用して対象者を殺した場合、その理由が分からなければ病死に見える。しかし、現代的には毒物評価の技術は発展しており、毒殺した場合は何の毒物を利用したか露見する可能性が高い。そして、暗殺が露見し、その後に犯罪捜査が拡大したり、スパイが調査対象になる可能性がある。

 

そうなると、無害化以上の影響が諜報機関に及ぶため、現代的には毒殺はかなりの最終手段と見なされている。ただし、抑圧的な体制の場合は、毒物検査を操作できるため、依然として毒物が頻繁に利用される可能性はある。

 

病死を導くという場合においても、やはり、電波工作は有効な手段となる。基本的には、3つの致死的な病気があり、それは心臓発作と脳梗塞とすい臓がんである。これらの症状が重篤化すると、比較的短期間に対象者を殺せる。また、対象者によっては特定の内臓疾患を発症し易い場合があり、その場合においても重篤化すると対象者は病死する。

 

ただし、全ての人がこれらの病気に罹患するわけではない。同じ電波操作を受けても病気にならない人もおり、その結果は大きく個人差に依存する。それは電波に対する感応度の差や、それぞれの器官の特性や強さに関する個人差である。つまり、それらの病気に罹りやすい人は電波操作によってすぐに致死的な状況に陥り、そうでない場合は普通の生活が送れないほどの痛みで済む。

 

また、電波工作においても、当初は暗殺するつもりがないものの、対象者が電波の影響を受けて死んでしまう場合がある。軽い電波操作の予定であっても、対象者がある一定の電波に対して非常に過敏な場合は、それを受けただけで死んでしまう。対象者の電波に対する個性差は事前に確実に把握されてはいないので、脳梗塞や心臓発作を突然患い、死んでしまうケースはかなりあるだろう。

 

とは言え、そのような可能性があることを諜報機関は最初から知っている。電波工作を行う際は、そのようなリスクを承知した上で行っており、最初から対象者が死ぬ可能性があることは分かっている。

 

法律上では、そのような状況下において対象者が死んだ場合でも、故意の殺人として扱われる。ただし、現状では電波操作が一般的に認められていないために、その結果として死んだ場合でも、電波工作者は何の責任も負わない状態にあり、彼らの工作は野放しにされている。

 

 

ご一緒に、ご覧ください。

http://ameblo.jp/multifractal/entry-12169038693.html