交通事故を装う工作は意外に多いはずである。自分も何度か受けたが、かなり危険である。結果として、自分は落ちるような状態にならなかったが、以前はそれらが工作であることすら気付いていなかった。ただし、思い返すと、そこには工作の痕跡が残っており、時期的にも内容的にも様態的にもそれが工作であったことは分かる。それと同時に、この工作に嵌った人たちを何人か知っている。

 

交通事故も基本的にはアセット化か刑務所を迫る工作である。刑務所に行かないような事故であっても、多額の賠償金になる場合がある。つまり、諜報機関が賠償金の肩代わりを申し出、事故の混乱の中にあると何が真実か分からず、その申し出に乗る場合もあるだろう。

 

賠償金の肩代わりという方法はかなり合理的な方法でもある。賠償金の金額は金銭的に計算でき、その金額は同時にアセットのオファーを受け入れる額でもある。金銭という尺度からスパイになるコストが計算できるため、合理的な思考の結果、アセット化を受け入れるかどうかの判断が下される。

 

とは言え、交通事故もその様態によってかなり結果は異なる。ほとんど死ぬような工作もあれば、事故を生き残ったとしても、身体的に大きな影響が出る場合や社会的に大きな問題になる場合もある。そのような事後の影響の大きな工作を最初から狙っているのであれば、それは社会的抹殺が主目的である可能性が高い。

 

これらの交通事故は電波操作によっても引き起こされる。運転中に注意を他のものに逸らすのは電波工作の得意分野である。昔はこれを物理的に行い、何か注意を奪うような工作物を起き、その結果として事故を起こすことがあったと思うが、今ではこの工作が電波で代用できる。

 

それだけでなく、電波では集中力自体を低下させられる。その結果として反応が鈍り、事故が避けられなくなる。あるいは、電波操作が昂じると発作も引き起こせ、その操作によっても事故を起こせる。

 

電波操作で攻撃性を高めることでも事故は起こせる。対象者が攻撃的になると危険運転を行う場合がある。この電波工作は基本的に物理的工作に付随している。対象者の運転中に怒りを煽り、それが危険運転を誘発し、最終的に事故を起こすことがある。

 

自分があからさまに電波操作されるようになってからも事故を誘発させる工作が何十回とあり、それらも基本的に違う物理的工作がセットになっていた。多くの人がその工作に関わっているため、公安やスパイが事故工作を行っているのはかなり広く知れ渡っているのかも知れない。

 

 

ご一緒に、ご覧ください。

http://ameblo.jp/multifractal/entry-12154611746.html