電波操作は内臓疾患も起こせるが、基本的には脳を操作するテクノロジーとして発達している。その操作は脳の機能を異常にさせ、対象者は精神疾患を発症する。正確に言うと、精神疾患様の現象が現れる。

 

電波操作によって脳の感情や理性がコントロールされると精神疾患が生じているように見える。その症状は感情障害であったり、統合失調症であったり、うつ病であったりする。しかし、実際にはそれは電波操作の影響で起こっており、実質的には電波工作が止まると脳の異常も止まる。結局、電波操作では本質的な精神疾患は直接引き起こせず、その操作が行われている際にのみ精神疾患の症状が現れる。

 

とは言え、人によってはそれだけで本当に病気を発症する場合がある。電波操作では本来的には脳の恒久的な精神障害は作れないが、幻聴が聞こえ続けると精神的に病む人たちは必ずいる。それは、電波操作の結果として精神障害に陥る人たちがいることを意味している。

 

一方で、この脳に対する電波操作は重篤化する可能性もある。それは精神障害という方向性の脳障害ではなく、脳梗塞を起こす可能性である。これも正確に言うと、他の脳の障害が起こる可能性もあり、脳虚血、脳溢血、脳腫瘍が引き起こされる可能性がある。結局、血流と血管と血栓に影響が出るように脳波を操作され、その結果として、大きな脳障害が残ったり、死んだりする場合がある。

 

この影響が出るかどうかは対象者の本質的な性質に依存する。その人物が脳梗塞の系統の障害を引き起こし易ければ、電波操作の結果として対象者は倒れる可能性がある。この系統の病気に罹りやすいかどうかは、一面において遺伝的問題でもあり、家族の病歴でその傾向は分かるだろう。

 

 また、電波操作を行った結果として副次的にこのような症状に陥る場合がある。いずれにせよ、この方法で物理的に抹殺されない場合でも、後遺症が重篤になると社会復帰が難しくなる場合がある。

 

精神疾患は薬物でも作れる。そもそも、電波操作が発達する以前は薬物を直接投与することの方が多かったと思う。対象者を薬物中毒にするのはアセット化の工作の1つであるが、薬物を忌避している工作対象者でも、本人が気づかない間に薬物を入れられることはある。鼻から吸ったり、静脈注射したりすることは無理だが、経口物やたばこをコントロールされると薬物は体内に強制的に入れられる。

 

この状態で社会に出る局面が続けば、十分に社会的信用を失う行為をする可能性があるが、更に本質的に精神疾患を発症する場合もある。その場合においても、最終的に社会的信用を失うことになり、スパイの初期目的が達成される。

 

 

ご一緒に、ご覧ください。

http://ameblo.jp/multifractal/entry-12169040241.html