電波工作によって犯罪者を作るのは一般的に行われている。自分は何とか難を逃れたので、人を殺すこともなく、犯罪者になることもなく生きているが、全ての電波工作の対象者が同じ状況にあるわけではない。

 

電波操作されていると気付かなければ、自分の妄想として電波工作を受け入れ、それが実際の犯罪へと繋がることがある。自分の場合においても、2006年時点では電波工作を知らないため、どうしてそんなことを考えているのかすら分かっていなかった。ただ、そのようなことをしたいという個性と衝動を持っていなかったために、何も起きなかったが、全ての人が同じような考え方と反応を持っているわけではない。

 

 特に、思想性が弱い場合、簡単に電波工作の思想に染まる場合がある。この場合はより多くの犯罪に繋がる。また、電波によって感情を高められた場合に衝動的な行動を抑えられない人もいる。彼らも比較的簡単に犯罪を実行してしまう。それらは個性に依存している。

 

 それだけでなく、電波の技術が向上しているために、より多くの人が犯罪者に陥る可能性がある。電波工作を知らなければ、自分の脳が歪まされていることにも気付かず、操作されるままに犯罪を犯す可能性がある。

 

つまり、公安やCIAはこの方法を通して、工作対象者を犯罪者に仕立てられる。犯罪者にできなかったとしても、このような妄想があると言ってしまえば、簡単に社会の敵として認定できる。そして合法的に監視ができる状態にした上で、更に深い工作に落としていく。このやり方はあまりにも間違っている。

 

これが更に進展したものがローンウルフの危険性である。実際に危険な単独テロリストは存在するはずだが、それが多いとは全く思えない。そもそも、ローンウルフ型のテロと呼ばれているものの中には、電波操作によってテロにまで至っているものがある。そして、その中には諜報機関の工作によってテロにまで昇華したものもある。

 

この方法は完全なマッチポンプである。自らテロを生み出し、それを制圧することによって自らの存在価値を高めている。それだけでなく、単独テロリストの脅威を煽りながら、自らの違法工作を正当化しようとしている。それだけでなく、その対象者を自らの裁量だけで選別し、公安の意に沿わない人をそのリストの中に加え、社会的に抹殺していく。最終的に、それらの過程を通して警察自らの権力を高まっていく。

 

これらのためにはローンウルフによるテロを演出する必要もある。そのテロは諜報機関によって被害が規定されており、それを制圧するのも比較的容易である。それは全てが仕組まれたものだからである。もちろん、全てのテロが仕組まれたものではなく、また全ての犯罪が作られたものでもない。ただし、それは公安が犯罪を作っていないという意味ではない。

 

 また、実際のテロの中にも放置されたものがある。諜報機関がテロを行ったのではないが、実際にはテロが起こることを知っていても、それを放置する結果として諜報機関の必要性が上昇すると考えた場合、そのテロは見過ごされ、実際に実行に移される。

 

 世の中は陰謀ではできていないが、世の中には間違いなく工作が存在する。

 

 

ご一緒に、ご覧ください。

http://ameblo.jp/multifractal/entry-12184789059.html