眼も電波操作によって痛む。基本的に眼球自体が痛むが、痛い以外に眼球が乾くときがある。それ以外のケースとして、目が痒くなることがある。乾きは眼球の現象であるが、痒みは必ずしも眼球の作用ではない。

 

いずれにせよ、それらが何らかの周波数パターンによる結果であることは間違いない。そもそも、眼は光を受けて、それを電気信号に変換している。脳が認識するのはその電気信号であって光自体ではない。視覚という認識は本来的に電気によって達成されているため、脳の次に周波数に対する感受性が高い体組織かもしれない。

 

実際に眼が痛む際には、いろいろな痛み方がある。最もきついのは刺されたような痛みであり、眼を突き抜けて頭痛まで伴う。それは頭痛でもあるが、痛みの発生源は間違いなく眼球にある。日常生活は目に依存している部分が大きく、眼が刺されたように痛む場合、ほぼ普通の生活は送れない。特に、眼痛が頭痛を伴う場合は何もできなくなってしまう。

 

その痛みは突然襲って来るが、形の上では夜に痛み出し、翌日一日中痛むことが多い。それは痛みの形式というよりは、拷問を行っている工作者の趣味かもしれない。一方で、その痛みが突然停止することもない。どちらかと言うと、電波によって眼球にダメージが発生し、それが治まるまでは痛みが続いているようである。そう考えると、電波が痛みを起こしているのではなく、電波が細胞を破壊しているのが正確な理解かもしれない。

 

あるいは、その痛みは細胞の破壊ではなく、乾きかもしれない。眼が乾くだけで眼は痛くなり、その延長線上の作用が起きている可能性もある。

 

この乾くという現象は大きな痛みを伴わずに起きることもある。涙の分泌を制御できるのか、それとも目を必要以上に開けるようにしているのか、何が起こっているのかは分からない。ただ、乾くという現象自体も目の状況を悪化させる。

 

はっきり言えることは、電波は眼に対しては複数の病的な症状を引き起こせる。脳以外の大部分の臓器は単線的な影響しか受けていないように感じるが、眼に関しては複数の現象が起きている感覚がある。その上、それらの電波による被害は病気にまで昇華する。その影響にも個人差があり、通常状態を維持できる人もいれば、深刻な目の病気になる人もいる。その個人差の中には、そもそも病質があるかどうかも含まれている。つまり、その人の眼自体にそもそも病因があり、それが電波による影響を受けて悪化する。

 

この病質には白内障も含まれている。白内障は歳を取ればほとんどの人が罹患する症状であり、電波の影響を受けてこの症状が悪化するようである。この病気自体は致死的ではないが、それでも日常生活に大きな影響を与える病気であり、電波が多くの問題を引き起こせる一例でもある。症状が悪化するという点においては、他の眼の病気に関しても当てはまり、乾きにせよ、痛みにせよ、眼にストレスが掛かっているのは間違いなく、その状況は全ての眼の病気を悪化させる。

 

それに対して、目が痒いのは目を痛めている結果ではなく、認識の問題である可能性が高い。つまり、実際に痒いのではなく、痒いという感情を抱かされている。その場合、痒みを感じる原因物質は目で発生している可能性がある。もちろん、純粋に脳で痒みを感じている可能性もある。そのいずれかは現時点の知識では区別できない。

 

この痒みを感じている状態で目を掻くとアレルギー症状が出るので、目が実際に悪化する。掻いた際に真菌が入ると目が腫れてしまい、薬をつけても治るまでに何日も掛かる。この目が腫れるという症状に関しては、眼球を乾かせ、目をいじらせることによっても達成できる。目が腫れること自体は電波による直接の結果ではないが、目に影響を与えることによって、目の病気にすることは可能である。それは目に特有に現象かもしれない。

 

 

ご一緒に、是非

http://ameblo.jp/multifractal/entry-12157668811.html